パイプドビッツ、情報資産プラットフォームの新バージョンを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パイプドビッツ、情報資産プラットフォームの新バージョンを提供


掲載日:2015/12/08


News

 株式会社パイプドビッツは、情報資産プラットフォーム「スパイラル」の新バージョン「1.11.12」の提供を12月9日に開始する。

 「スパイラル」は、販売促進やCRMにおける顧客情報や、給与明細のような従業員情報などの情報資産を預かり、安全なプラットフォームで管理するASP・PaaS(クラウド)サービス。ユーザごとにCO2排出量を通知する機能も備えている。今回の新バージョンでは、DB・フォーム・一覧表などの設定オブジェクトを、利用用途に応じて自由にパッケージングできる“スパイラルアプリ”機能で、直ちに利用を開始できる“テンプレートアプリ”が提供される。また、機能改善17件、仕様変更1件に対応した。

 “テンプレートアプリ”は、「スパイラル」の操作画面から容易にインポートできる。そのため、初めて“アプリ”を利用する場合や、既に利用中のユーザが別用途の“アプリ”を検討する際に、“アプリ”の挙動や設定内容、フローなどの理解を支援する。また、“テンプレートアプリ”は「スパイラル」で構築されているため、設定やデザインの変更が可能で、利用企業ごとにカスタマイズできる。

 “テンプレートアプリ”の第1弾としては、「メールマガジン」「お問合せフォーム」「お問合せ管理」「顧客管理」「Web給与明細」「会員管理アプリ for WP」が用意されている。ラインアップは今後も順次追加される予定。

 機能改善では、バーション1.11.11で標準化された新UIデザインを、API設定画面・DB操作履歴画面・仮想DB(フィルタ型)画面・STOPDB画面にも適用したほか、それぞれの機能強化が図られた。API設定画面では、APIリクエスト上限を操作画面上から即時に変更できる。またDB操作履歴画面からは、DB操作履歴をダウンロード可能になった。仮想DB(フィルタ型)メニューでは仮想DB(フィルタ型)を複製できる。STOPDBの新規発行時には、発行可能なフィールドタイプが拡張される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065039


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ