富士通、AI技術を体系化したAI活用コンサルティングサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、AI技術を体系化したAI活用コンサルティングサービス提供


掲載日:2015/12/03


News

 富士通株式会社は、AI(人工知能)に関する知見や技術を「Human Centric AI Zinrai」として体系化、各種製品・サービスへの実装を開始し、AIを活用した業務変革やイノベーションの創出を専任のコンサルタントが支援する「AI活用コンサルティングサービス」の提供を12月に開始する。価格は個別見積。

 「Zinrai」は、先端研究から得た知見やノウハウをベースに、知覚・認識、知識化、判断・支援の機能と、それらを高度化し成長させる学習機能で構成される。今後、「Zinrai」を様々な業種アプリケーションやミドルウェアなどの製品・サービスに実装していく予定で、第1弾として、「Zinrai」の機械学習技術を組み込んだビッグデータ利活用ソリューション「FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics」(ODMA)の新サービスが開発中であるほか、デジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」上で、「Zinrai」の技術がサービスとして展開される。

 今回提供される「AI活用コンサルティングサービス」では、PoC(Proof of Concept)やPoB(Proof of Business)を通じて、ユーザのイノベーション共創を図る。同社のAI専任コンサルタントがユーザの経営課題やニーズなどをヒアリングし、「Zinrai」の技術をもとに適切なAI活用シナリオを立案することで、ユーザとともにイノベーションを図る。

 同社は、「ODMA」で、「Zinrai」の構成要素の機械学習機能を装備し、機器やサービスの異常予兆を高精度で検知する「ODMA 予兆監視」を開発中で、同ソリューションを適用することで、IoT技術を活用した工場やプラントの設備保全を自律化し、運用継続性を更に向上させるなど、ユーザの業務の効率化を支援する。「ODMA」は、継続的に「Zinrai」を装備したソリューションを提供予定で、AIの導入範囲拡大に向け製品の強化を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064982


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ