AvePoint、SharePoint向け「Governance Automation」新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AvePoint、SharePoint向け「Governance Automation」新版を提供


掲載日:2015/12/03


News

 AvePoint Japan株式会社(AvePoint)は、Microsoft SharePoint環境で、管理サービスの自動化や、プロアクティブなガバナンスの適用を促進するソフトウェアの新版「DocAve Governance Automationサービスパック(SP)6」の国内提供を開始した。

 「Governance Automation」は、SharePoint環境でのコンテンツの展開・移行・再構成・ライフサイクル・権限管理など、エンド ユーザがIT部門に対してリクエストできるメニューを“サービス カタログ”として提供し、寄せられたリクエストを自動実行する製品。今回の新版では、SharePointバージョン間の移行に際し、コンテンツ オーナーのエンド ユーザがコンテンツ移行の要不要を選択できるプロセスを、移行プロジェクトに組み込める。

 従来は、IT管理者が電話やメール、オンラインチャットなど、手動で行なっていた作業が自動化されるため、管理者の作業負担を軽減できるほか、エンド ユーザは、業務ニーズに応じて、利用したいタイミングで、SharePoint上でコラボレーションを開始できるため、業務スピードの向上も期待できる。

 SharePointバージョン間の移行が、マネージド サービスとしてエンド ユーザに提供されるため、各コンテンツ オーナー自身が移行したいコンテンツを指定し、IT部門にリクエストできる。コンテンツの中身や重要度、機密度を把握している担当者本人が移行プロセスに参画し、コンテンツの取捨選択を自ら決定できるため、重要なデータを漏れなく移行できる上、IT管理者の負担軽減を図れる。これらにより、SharePointの旧バージョンから、SharePoint 2013やOffice 365 - SharePoint Online、ハイブリッド環境へのスムーズな移行を図れる。

 サイト管理者・リース期間・クオータの使用率・利用できる「Governance Automation」のサービスなど、サイトに関する重要情報をSharePointインターフェースに表示できる“サイト情報カード”が、ハイブリッド クラウド環境でも使用できる。また、「Governance Automation」に、Nintex、K2などのサード パーティ ワークフロー ソリューションを統合できるため、要求・承認の自動化を活用しながら、組織に合致するワークフロー ソリューションを選択でき、組織の選択肢が拡大される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 機密文書の漏えい対策、“現場の不満を招かず”に管理強化 【NECソリューションイノベータ】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
機密文書の漏えい・改ざん対策、“現場の不満を招かず”に管理強化する方法 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064979


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ