フォースネット、歯科専用ストレージ/情報クラウドサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フォースネット、歯科専用ストレージ/情報クラウドサービス提供


掲載日:2015/12/02


News

 フォースネット株式会社は、クラウドストレージと歯科情報を利用できる歯科業界専用の「デンタルクラウド」の提供を開始した。

 「デンタルクラウド」では、歯科関係者向けのプライベート利用に最適なクラウドストレージと歯科情報を提供する。クラウドストレージは、簡易な操作でデータを保存できるほか、共有フォルダ上に展開される“デンタルボックス”を通じて、インプラント/矯正といった専門分野や、スタディグループ/セミナーなど、歯科の学びについての情報を入手できる。

 安全な国内データセンターのサーバーのみを利用し、通信はすべて暗号化されて送受信される。VPNによる2要素認証にも対応する。

 歯科医師/衛生士/技工士/大学生向けの無料プランと、歯科医師向けの「有償サポート版」がある。無料プランの容量は5GBで、サポートはメールで提供される。

 「有償サポート版」では、電話によるサポートとVPNによるセキュリティ強化が追加されるほか、クラウドストレージも20GBに増量される。オプションで経営や集客、ITのサポートも提供可能。価格は月額1万円から。

 スタディグループや学会などの歯科関連グループ利用には、100GBからと大容量のクラウド共有ストレージを提供する。グループ間のファイルの受け渡しや、過去の資料のバックアップなど、円滑なグループコミュニケーションを支援する。価格は月額1万円から。

 歯科医院専用環境には、専用クラウドサーバを提供する。100GBからのクラウド共有ストレージや、VPNによるセキュリティ強化のほか、オプションで院内ポータルサイト、症例集やQ&A等で使える掲示板、スタッフ交流用のSNSなど、院内コミュニケーションを円滑にするツール群の追加にも柔軟に対応する。価格は月額3万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

SEALS融資システム 【SCSK】 ProSCOPE-C 【日立SC】 カード決済トランザクションシステム SEGTRAN 【セイコーソリューションズ】 個人信用情報照会システム L-CRIP 【セイコーソリューションズ】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 カード・信販会社等に必須となるCAFISやCARDNETなど、カード決済業務に不可欠な対外接続機能を統合したオールインワンパッケージ。 個人信用情報機関との通信制御から独自の個信審査まで、融資審査業務に欠くことのできない個人信用情報照会の機能を装備したパッケージ。導入実績110社以上。 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064953


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ