エレコム、Linux NAS 6製品とWSS 2012 R2搭載NAS 2製品など発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エレコム、Linux NAS 6製品とWSS 2012 R2搭載NAS 2製品など発売


掲載日:2015/12/01


News

 エレコム株式会社は、小規模から大規模事業所向けのLinux NAS「NetStor」6モデルと、Windows Storage Server(WSS)2012 R2を搭載した高速・高性能ハイエンドクラス向けの19インチラック対応NAS「DataStor」2モデル、キューブ型NAS 2モデルを12月上旬に発売する。

 Linuxを採用したNASシリーズでは、6モデルが用意されている。エントリーモデルの「NSB-3NR1MLV」シリーズ(1ベイ仕様)と、「NSB-3MS2BLV」シリーズ(2ベイ仕様)は、20人クラスまでの小規模事業所に適している。ミドルエンドモデルの「NSB-5MS2BL」シリーズ(2ベイ仕様)と「NSB-56S4BL」シリーズ(4ベイ仕様)は、50人クラスまでの中規模事業所のオフィスサーバや、ネットワークカメラの映像レコーダ(NVR)にも適している。また、4ベイ仕様でハイエンドモデルの「NSB-76S4BL」シリーズと「NSB-76S4RL」シリーズは、高性能CPUを搭載し、100人クラスの大規模事業所のオフィスサーバに加え、規模の大きな監視カメラシステムなどに適している。

 各モデルとも、HDDには、NAS向けのHDDとして信頼性に優れた「WD RED」を採用し、機能面では、AES(Advanced Encryption Standard)128ビットでのハードウェア暗号化も行なえ、データの安全性向上を図れる。また、7種のクラウドバックアップに対応し、レプリケーション/フェイルオーバー/リモートアクセス/Active Directoryといった機能に対応しているほか、LCDインジケーター/ディスク監視/メール通知/Web UI対応といった機能も備えている。

 WSS 2012 R2を搭載した「NSB-96S12RWS」シリーズと「NSB-96S12RW」シリーズは、データセンターの構築/拡張に適した高信頼/高速ハイエンドモデルで、19インチラックの2uサイズにマウントできる。「NSB-96S12RWS」シリーズは12ベイに9台のHDDと3台のSSDを搭載し、記憶域プールを使用して、高速なSSDをHDDのキャッシュとして利用することで高速書き込みを行なえ、高速処理が求められるデータセンターに適している。「NSB-96S12RW」シリーズは、12台のHDDを搭載していて、ハードウェアRAIDに対応し、優れた耐障害性と高速性を備え、バランスに優れている。両シリーズとも、HDDには「WD RED」の高信頼性モデル「WD RED Pro」を採用している。また、WSS搭載モデルとして、WD REDを採用し、様々な機能を備えながらコンパクトサイズのキューブ型モデルも発売される。


出荷日・発売日 2015年12月上旬 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
初期投資やTCOを抑えつつ、「高性能ストレージ」を導入する方法

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064936


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ