エレコム、Linux NAS 6製品とWSS 2012 R2搭載NAS 2製品など発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エレコム、Linux NAS 6製品とWSS 2012 R2搭載NAS 2製品など発売


掲載日:2015/12/01


News

 エレコム株式会社は、小規模から大規模事業所向けのLinux NAS「NetStor」6モデルと、Windows Storage Server(WSS)2012 R2を搭載した高速・高性能ハイエンドクラス向けの19インチラック対応NAS「DataStor」2モデル、キューブ型NAS 2モデルを12月上旬に発売する。

 Linuxを採用したNASシリーズでは、6モデルが用意されている。エントリーモデルの「NSB-3NR1MLV」シリーズ(1ベイ仕様)と、「NSB-3MS2BLV」シリーズ(2ベイ仕様)は、20人クラスまでの小規模事業所に適している。ミドルエンドモデルの「NSB-5MS2BL」シリーズ(2ベイ仕様)と「NSB-56S4BL」シリーズ(4ベイ仕様)は、50人クラスまでの中規模事業所のオフィスサーバや、ネットワークカメラの映像レコーダ(NVR)にも適している。また、4ベイ仕様でハイエンドモデルの「NSB-76S4BL」シリーズと「NSB-76S4RL」シリーズは、高性能CPUを搭載し、100人クラスの大規模事業所のオフィスサーバに加え、規模の大きな監視カメラシステムなどに適している。

 各モデルとも、HDDには、NAS向けのHDDとして信頼性に優れた「WD RED」を採用し、機能面では、AES(Advanced Encryption Standard)128ビットでのハードウェア暗号化も行なえ、データの安全性向上を図れる。また、7種のクラウドバックアップに対応し、レプリケーション/フェイルオーバー/リモートアクセス/Active Directoryといった機能に対応しているほか、LCDインジケーター/ディスク監視/メール通知/Web UI対応といった機能も備えている。

 WSS 2012 R2を搭載した「NSB-96S12RWS」シリーズと「NSB-96S12RW」シリーズは、データセンターの構築/拡張に適した高信頼/高速ハイエンドモデルで、19インチラックの2uサイズにマウントできる。「NSB-96S12RWS」シリーズは12ベイに9台のHDDと3台のSSDを搭載し、記憶域プールを使用して、高速なSSDをHDDのキャッシュとして利用することで高速書き込みを行なえ、高速処理が求められるデータセンターに適している。「NSB-96S12RW」シリーズは、12台のHDDを搭載していて、ハードウェアRAIDに対応し、優れた耐障害性と高速性を備え、バランスに優れている。両シリーズとも、HDDには「WD RED」の高信頼性モデル「WD RED Pro」を採用している。また、WSS搭載モデルとして、WD REDを採用し、様々な機能を備えながらコンパクトサイズのキューブ型モデルも発売される。


出荷日・発売日 2015年12月上旬 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント 【伊藤忠テクノソリューションズ】 ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み 【伊藤忠テクノソリューションズ】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」 【伊藤忠テクノソリューションズ】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュストレージ最新動向 SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」 データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064936


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ