富士ゼロックス、中小向け業務改善支援ソリューション3種を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、中小向け業務改善支援ソリューション3種を提供


掲載日:2015/12/01


News

 富士ゼロックス株式会社は、中小規模事業所向けに、ドキュメントハンドリングソフトウェア「DocuWorks」を活用した業務改善支援ソリューションメニュー3種を、ノウハウをまとめた業務マニュアル、ソフトウェア、エンジニアによる設定サービスのセットで、提供を開始した。

 今回提供されるのは、「見積依頼受付ソリューション」「見積承認ソリューション」「セキュア文書配信ソリューション(調達業務向け)」。

 「見積依頼受付ソリューション」は、顧客からのFAXによる見積依頼に迅速に対応するためのソリューション。FAX受信した依頼書を電子文書として「DocuWorks」の文書トレイで受信し、その後の受付処理も「DocuWorks」に搭載された作業可視化ツール“お仕事バー”を使用して、電子文書のまま迅速に見積作成担当者へ回付できる。回付状況は「DocuWorks トレイ 文書追跡サービス」で確認でき、見積依頼受付業務のリードタイム削減と対応状況の可視化により販売活動の活性化を支援する。

 「見積承認ソリューション」は、営業マネージャによる見積書承認プロセスの見える化と効率化を図れる。営業マネージャによる承認のプロセスを紙から電子文書に置き換え、クラウドストレージサービス「Working Folder」と「DocuWorks トレイ 文書追跡サービス」で行なう環境を提供する。営業マネージャはWindowsタブレットと併用することで、時と場所を問わず見積書を確認/承認できる。営業担当からの承認依頼は「DocuWorks」の文書トレイに届いたことが視覚的に分かるため、即座に確認できる。「DocuWorks」の“お仕事バー”を使用して承認印や個人印の捺印を行ない、営業担当へ戻すなどの一連の見積承認業務の効率化を支援する。

 「セキュア情報配信ソリューション(調達業務向け)」は、クラウドサービス「Working Folder Plus」と“お仕事バー”の組み合わせにより、製造業で、サプライヤーへの見積依頼/発注にともなって図面/仕様書などの技術情報を電子文書で提供する場合に、セキュリティと業務効率を両立した情報配信を行なえる。配信文書はIRM(Information Rights Management)によって配布後も閲覧/印刷を禁止でき、相見積完了後の配布図面や、版変更時の旧版図面の閲覧を禁止できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064924


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ