エイネット、クラウド監視カメラ製品利用の映像監視システム発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイネット、クラウド監視カメラ製品利用の映像監視システム発売


掲載日:2015/11/30


News

 エイネット株式会社は、「クラウド型監視カメラソリューション」を利用した映像監視システムを12月1日に発売する。

 「クラウド型監視カメラソリューション」では、カメラをインターネットに接続し監視映像をすべてクラウド上のサーバーに記録することで、インターネット経由でどこからでも監視映像を確認できる。また専用アプリを利用することで、Android/iOSのスマートフォン/タブレットなどでも監視できる。映像は7日から365日間までの任意の期間保存できる。クラウド上の管理システムから、カメラの追加や利用者の閲覧制限なども行なえる。カメラのオフラインや画面内での不審な動きなどの異常発生時には、あらかじめ指定した管理者にアラートを通知できる。そのほか、映像データをクラウドに置かず、ローカルに設置したハードディスクをクラウドからコントロールする専用映像レコーダも用意されている。

 今回発売されるシステムでは、ストレージをクラウド化し、既存のアナログカメラを流用可能にすることで、低コストで利用できる。


出荷日・発売日 2015年12月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064910


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ