日本IBM、プロセスの効率と品質を向上させるソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、プロセスの効率と品質を向上させるソフトの新版を提供


掲載日:2015/11/30


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、あらかじめ設定したビジネス・ルールに基づいて業務を自動化することで、人を中心にした業務変革を支援し、プロセスの効率と品質を向上させるソフトウェアの新版「IBM Operational Decision Manager V8.8(ODM)」の提供を11月27日(予定)に開始する。参考価格は612万5000円(70プロセッサー・バリュー・ユニット)。

 「ODM」は、20年近くの実績を持つルール・エンジンを搭載し、クレジットカードの不正取引の防止や顧客窓口の対応、通信会社の料金計算、保険会社の査定業務などの自動化・効率化を支援している。今回の新版では、モノのインターネット(IoT)に対応するために、スマートフォンやセンサなどの位置に基づくルールの設定が強化され、GUIでのルール設定や地図上での一覧などの新機能が追加された。位置に基づくルール(条件)を設定することで、車や飛行機などの移動するモノや、顧客の位置情報といった地理データを活用してルールを定義でき、アクションを自動化できる。例えばセンサを取り付けた荷物やスマートフォンを持った顧客が特定のエリアに入った場合に自動的にメールでアラートを送信するといった処理を自動化できる。モバイル端末やセンサと「ODM」を組み合わせることで、ルールに合致する一瞬を捉え、自動でアクションにつなげることで、顧客にとってより良い体験や利便性を提供できる。

 また、設定したルールが正しく作動しているか検証するためのテスト・ツールの機能が拡張されていて、プログラミング不要でルールを検証でき、エラーがあった場合に容易に原因を特定できるため、運用の効率化を図れる。

 同社はまた、クラウド・サービスとして月額課金制で「ODM」を提供する「Operational Decision Manager on Cloud」(ODM on Cloud)の提供を開始した。SoftLayerのデータセンターの高可用性と、24時間365日のサポートを提供する。これらにより、「ODM」のルール・エンジンを適切なシステム構成で構築や運用のコスト不要で迅速に利用できる。なお、「ODM on Cloud」では、「ODM V8.8」のStandard版の機能が提供され、価格は月額72万5300円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BPM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BPM」関連情報をランダムに表示しています。

「BPM」関連の製品

業務プロセスや実施状況を見える化 「DataSpider BPM」 【アプレッソ】 OpenText BPM <ビジネスプロセス管理ソリューション> 【オープンテキスト】 製造業向けBPMテンプレート 【ニューソン】
BPM BPM BPM
業務全体の流れをモデル化し、管理・改善するためのBPMソフトウェア。対象業務のPDCAを繰り返すことで、効率性を評価し業務プロセスを改善。 オープンテキストのエンタープライズ情報管理(EIM)の1つとして、組織の業務効率向上、複雑なプロセスの可視化・自動化、継続的な改善とフローの最適化を支援。 製造業の具体的な課題に特化したBPMテンプレートを提供。「品目マスタ管理テンプレート」は、品目マスタ登録の不備から発生するさまざまなロスの回避に貢献する。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064889


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ