CAC Holdings、ソーシャルロボット開発販売ベンチャー企業に出資

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CAC Holdings、ソーシャルロボット開発販売ベンチャー企業に出資


掲載日:2015/11/27


News

 株式会社CAC Holdingsは、新事業領域の開拓を目的に、米Jibo,Inc.へ約2億4000万円の出資を行なったと発表した。

 Jiboは、マサチューセッツ工科大学教授のシンシア・ブリジール博士などにより創業された、ソーシャルロボット開発/販売のスタートアップ企業。同社が開発した「Jibo」は、音声及び感情認識や自然言語処理/機械学習/感情表現ディスプレイ/動作などの技術が導入されていて、感情や会話、周囲のできごとの理解を通じてコミュニケーションを図り、様々なタスクの理解と実行ができる。

 同社への出資は、CAC Holdingsが、米Fenox Venture Capitalと共同で10月に設立したファンドFenox Venture Company XI,L.P.を通じて行なったと伝えている。同ファンドは機動的な投資が可能なファンドとして設立され、先端テクノロジー分野でのベンチャー企業との提携により新事業領域開拓を図るものだという。

 CAC Holdingsは、今回の出資を通じてJiboの日本市場でのビジネス展開を支援し、家庭向け及び企業向けソーシャルロボット市場への参入を予定していると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 【ポリコムジャパン】 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 【富士通】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 「オフィスソフト」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】
ワークフロー テレビ会議/ビデオ会議 プロジェクト管理 アンチウイルス オフィスソフト
多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 「オフィスソフト」のアンケート4問に回答して【ギフト券10万円分】を当てよう
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064875



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ