SCSK、ERP製品で償却資産税申告書へのマイナンバー出力に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、ERP製品で償却資産税申告書へのマイナンバー出力に対応


掲載日:2015/11/24


News

 SCSK株式会社は、ERPパッケージ「ProActive E2」のマイナンバー対応機能として、償却資産税申告書への法人番号出力機能の提供を開始した。

 「ProActive E2」は、国際財務報告基準(IFRS)など会計基準の変更やマイナンバー制度にも迅速に対応し、統合されたビジネスプロセス、一元管理されたデータをもとに、迅速な意思決定を支援することで経営をサポートするシステム基盤を提供する。

 今回、2016年2月1日までに申告が必要となる“平成28年分の償却資産税申告書”に、対応済みの“法人番号管理機能”で登録された自社の法人番号を印刷できるようになった。この機能は、既存ユーザで保守契約を締結済みの企業には、製品保守の一環として無償提供される。

 今後、法令の施行に合わせて12月に源泉徴収票などへの個人番号出力対応機能が、2016年内には社会保障分野の法定調書対応機能が、それぞれ提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】 クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。 ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064797


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ