提携:シャノンなど、マーケティングとデータ分析の連携を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:シャノンなど、マーケティングとデータ分析の連携を提供


掲載日:2015/11/20


News

 株式会社シャノンは、Tableau Japan株式会社と業務提携し、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」(SMP)の機能を拡張し、ユーザが保有しているマーケティングデータの可視化・分析エンジンとしてデータ分析ソリューション「Tableau」を採用した連携サービスの提供を開始する。

 今回、「SMP」上で提供するマーケティングアナリティクスサービスのデータ分析・ビジュアライズエンジンとして「Tableau」が採用され、「SMP」の画面上で、マーケティング成果を可視化するための標準ダッシュボードや、定点観測を行なうためのマーケティングKPIなど、高度なマーケティング分析を行なえる。

 また、インタラクティブで高度な分析を行なえるようにするため、「SMP」に登録される膨大なデータに対して、データ分析ツール「Tableau Desktop」から直接接続できるデータウェアハウス(DWH)と、作成したダッシュボードの共有や共同作業を行なえるクラウド環境が提供される。

 これらの分析環境に加え、高度なマーケティング分析を支援するコンサルティングサービスも用意し、ユーザのマーケティングROI向上を支援する。

 「SMP」内で管理されている膨大な登録データを可視化し、マーケティング活動のレポーティングを行なうダッシュボードが、「SMP」ユーザに無償で提供される。初期のリリースでは9つのダッシュボードが用意され、以降ユーザのリクエストなどを受け、シャノンが提唱するKPIを含めたマーケティングに求められるダッシュボードが定期的に追加される予定。

 「SMP」内で管理しているユーザのデータを「Tableau Desktop」を介して、ユーザが作成した分析ファイルをアップロードし、関係者が閲覧できる環境が2016年1月(予定)に提供される。分析ファイル作成・分析コンサルティング(有償)もあわせて提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

出荷のロスと機会損失を低減、誰でも60〜90%の精度で受注予測できる方法とは? 【ノーチラス・テクノロジーズ】 SAS Enterprise Miner、SAS Factory Miner 【SAS Institute Japan】 音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】 ディープラーニングの業務利用、あのAI技術はなぜ結果を出すのか 【日本電気株式会社】 「位置情報」×「自社コンテンツ」が生む新たな価値とは? 【応用リソースマネジメント】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
出荷のロスと機会損失を低減、誰でも60〜90%の精度で受注予測できる方法とは? データ活用術は「反復型のアナリティクスライフサイクル」にあり コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。 ディープラーニングの業務利用、あのAI技術はなぜ結果を出すのか 「位置情報」×「自社コンテンツ」が生む新たな価値とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064772


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ