dit、情報漏洩リスクの軽減に利用できるツールを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、情報漏洩リスクの軽減に利用できるツールを無償提供


掲載日:2015/11/19


News

 株式会社ディアイティ(dit)は、標的型攻撃に遭ったりマルウェアに感染した際の、情報漏洩リスクを事前に把握するためのツール「流出するかもしれない情報チェッカー」の無償ダウンロード提供を開始した。

 「流出するかもしれない情報チェッカー」は、情報流出型のマルウエアがPCに感染した際、どのような情報を流出させる可能性があるのかを可視化できるツール。PC上で実行することで、PCのHDDや共有サーバのネットワークドライブ内の業務系のファイル情報が表示されるとともに、特に注意すべき単語を含むファイル名も抜き出して表示できる。また、バージョンアップの未適応が脆弱性になるJavaやFlash、Acrobat Readerなどのバージョン状況、Internet Explorerのブックマーク情報も表示される。

 これらにより、各人が関係するファイルやソフトウェアの状況を実体験することで、ファイル管理や不要ファイルの削除、ソフトウェアのバージョンアップの重要性の認識を向上でき、セキュリティ啓蒙/向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 【トレンドマイクロ】 セキュリティ診断サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 最新セキュリティ技術を駆使したセキュリティ診断と分かりやすい報告書により、増大するセキュリティ侵害と情報漏えい事件に対する効果的な対策方法を提供するサービス。 疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064760


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ