矢野経済研究所、国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施


掲載日:2015/11/19


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は5月〜10月、調査対象は機械系CAD/CAM/CAEメーカー、EDA(Electronic Design Automation)メーカー、土木/建築系CADメーカーで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話/メールによるヒアリングとなっている。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、日本国内のCAD/CAM/CAEシステム市場規模(事業者売上高ベース)は、2014年度は前年度比3.6%増となる3231億円となった。2015年度も、民間企業部門は高い収益状況を維持しており、中国経済の減速感など懸念は残るものの、2015年度のCAD/CAM/CAEシステム市場(同ベース)は3384億円(同4.7%増)となる見込みであるとしている。

 2つめは、分野別に市場内訳を見ると、円安による高い企業収益が後押しして、2015年度の機械系CAD/CAM/CAEの市場は、2273億円(前年度比7.5%増)となる見込みで、土木/建築系CADの市場は、2015年度は398億円(同4.7%増)となる見込みであるという。公共事業投資が、引き続き土木/建築系CADへの追い風となっていると述べている。一方で、EDAの市場(いずれも事業者売上高ベース)は、2014年度は736億円(同6.4%減)、2015年度は714億円(同3.1%減)の見込みとなる。日本国内の電子工業生産は大きく落ち込んでおり、特に半導体業界は激しい国際競争にさらされるなど厳しい状況にあるため、今後もEDA市場の減少傾向は続くものと考察している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 【ディーネット+他】 「仮想化インフラについての課題」意識調査 【ヴイエムウェア】 「アプリケーション仮想化」に関するアンケート 【ヴイエムウェア】
社内SNS 社内SNS IaaS/PaaS 垂直統合型システム その他仮想化関連
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは Amazonギフト券5000円分が当たる:「仮想化インフラについての課題」意識調査 Amazonギフト券5000分が当たる「アプリケーション仮想化」に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064758



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ