Fortinet、サンドボックスとの統合などを強化したWAFを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Fortinet、サンドボックスとの統合などを強化したWAFを出荷


掲載日:2015/11/17


News

 フォーティネット(Fortinet)は、リアルタイムのセキュリティアップデートやサンドボックスとの統合などの機能を強化したWebアプリケーションファイアウォール(WAF)で、スループットが5Gbpsの「FortiWeb-3000E」と20Gbpsの「FortiWeb-4000E」の日本での出荷を開始した。

 「FortiWeb」は、ボットネットなどの悪意あるソースを自動的に検知し遮断するIPレピュテーションサービスをはじめ、レイヤ7 DoS攻撃によるオーバーロードからの保護や、HTTP RFC準拠をチェックするプロトコル検証、既知の攻撃タイプかどうかを比較検証する攻撃シグネチャ、添付ファイルやコードへの検疫機能、既知の攻撃検知を通過した全リクエストを再検査する自動学習型ふるまい検知エンジンなどを提供する。

 3つのオプションを選択できる。「FortiWeb IPレピュテーションサービス」は、ボットネットやスパマー、匿名プロキシ、有害なソフトウェアによる感染が確認されているソースなど、既知の攻撃ソースからユーザを保護する。「FortiWebセキュリティサービス」は、アプリケーションレイヤシグネチャや悪意のあるロボット、不審なURLパターン及びWeb脆弱性スキャナのアップデートなどを提供する。「FortiGuardアンチウイルス(マルウェア)サービス」では、同社のアンチウイルスエンジンを活用し、サーバーなどを感染させる可能性のある脅威を検知するため、すべてのファイルアップロードをスキャンする。

 Webアプリケーション脆弱性スキャナを標準搭載し、PCI DSSのコンプライアンスを支援する。

 アプリケーション識別型レイヤ7ロードバランシング機能を備え、複数のサーバー上にアプリケーションを容易に拡張できると同時に、SSLオフロードと組み合わせることで安全なアプリケーショントラフィックの負荷分散が可能。HTTPコンテンツの圧縮機能も備えている。認証オフロード機能では、LDAPなどの認証サービスとの統合も可能で、様々なWebアプリケーションでSSO(Single Sign On)を利用できる。

 脅威検知プラットフォーム「FortiSandbox」と統合することで、脅威に関する情報を共有し、サンドボックス環境で検知された脅威をブロックするように構成できる。

 VMwareベースの一元管理ユーティリティを使用して、単一の管理コンソールから複数の「FortiWeb」ゲートウェイを構成し、管理できる。


出荷日・発売日 2015年11月13日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAF」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

「WAF」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Web Gateway 【日立ソリューションズ】 WAF/DDoS対策サービス TrustShelter/WAF 【NTTソフトウェア】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 国産WAF SiteGuard / SiteGuard Lite 【ジェイピー・セキュア】
WAF WAF WAF WAF WAF
Webセキュリティに必要なURLフィルタリング、ウイルス対策などの機能をオールインワンで提供。 簡単かつ低コストに、Webサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策サービス。クラウド型WAFなら運用も導入企業側で行わずにすむ。オンプレミス型WAFの提供も可能。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 高速・高品質なトラステッド・シグネチャを搭載。運用しやすい設定項目やインターフェースを備えた純国産ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064709


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ