ブレアコンサルティング、リードと営業を育成する営業支援を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレアコンサルティング、リードと営業を育成する営業支援を発表


掲載日:2015/11/17


News

 株式会社ブレアコンサルティングは、訪問ビジネス向けのデジタルマーケティングシステム「BREA OPTIMIZER」と、アクションWeb「BREA ML」を発表した。

 「BREA OPTIMIZER」では、リードジェネレーションからリードナーチャリング、クロージングを展開できる。リードはコールセンターのテレマからのアポ顧客、あるいは名刺交換顧客からでも始められる。

 リードアクションでは、例えば、課題解決リードで、まず顧客の関心を発見して課題と紐付け、課題解決の提示、疑問の解消に加え、更に付加価値を与えて顧客の“納得”を創生できるよう図られている。これにより、販売製品ごとの勝ちパターンが継続的に創られ、それぞれの担当者の流儀で営業活動を実施できるよう支援する。

 勝ちパターン詳細が表示されることで、その他の営業担当による勝ちパターンの研究と模倣を促進し、営業活動の標準化に加えて人材育成にもつなげられるよう図られている。顧客との関係性は自動的に計測されていて、放置できないよう図られている。“シナリオ機能”が搭載され、会っていない時の関係深化、商品提案、購入誘導、電子アンケートなどを自動展開する。営業日報は自動作成され、担当者の作業負荷を軽減できる。

 これらにより、売上向上、顧客との関係性強化、営業プロセス改革、若手の戦力化、営業教育改革、間接業務の提言などが、自然と行なわれていくよう図られている。

 「BREA ML」は、デンマークSitecore社のコンテンツマネジメントシステム「サイトコア」をベースにしたアクションWeb。1人ひとりの顧客にアクティブに働きかけ、対話ができ、欲しいと思わせるようなアクションを取ることができる。

 例えば、『もう1ランクステップアップした私のファッション』『来週、彼とデートをする時に着るファッション』などと検索し、適切なファッションを選択でき、ネット通販で購入した顧客と関係を深める顧客維持育成の働きができるよう図られている。そのほか、百貨店など小売流通業のオムニチャネル、訪問ビジネスのオムニチャネルに適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「ブレアコンサルティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

eセールスマネージャーRemix Cloud 【ソフトブレーン】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 受注額と完成工事高など建築業界特有の数字を見える化した、柔軟なSFAとは? 【ジャストシステム】 データ主導のマーケティングを実現するための「5つのデータ管理ルール」 【インフォマティカ・ジャパン】
SFA SFA SFA SFA SFA
営業現場での使いやすさを一番に考えて設計された国産CRM/SFA。柔軟な設定変更が可能なため、常に自社の営業プロセスにフィットした環境を構築できる。 SFAならば一瞬の作業、知るほど後悔する「Excel日報」のムダ 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法 受注額と完成工事高など建築業界特有の数字を見える化した、柔軟なSFAとは? データ主導のマーケティングを実現するための「5つのデータ管理ルール」

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064707


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ