JSOL、「SAP S/4HANA」を活用したERPテンプレートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JSOL、「SAP S/4HANA」を活用したERPテンプレートを提供


掲載日:2015/11/16


News

 株式会社JSOLは、SAPジャパン株式会社のビジネススイート「SAP S/4HANA」を活用したERPテンプレート「J-Model for SAP S/4HANA」の提供を開始する。

 「J-Model for SAP S/4HANA」では、短期間/低コストに、優れた品質で「SAP S/4HANA」を導入できる。特に、大量データの高速処理/リアル分析で、優れた効果を提供する。これにより、IoT技術の普及などにともなって経営現場に求められるリアルタイム経営の確立を支援する。

 ほかのDB上で稼働するSAP ERPから「SAP S/4HANA」プラットフォームへのマイグレーションを行なうサービスや、「SAP HANA」プラットフォームでの「SAP S/4HANA」の新規導入を効率的/効果的に行なう新規導入サービスも提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】 働き方改革をフックに考える――企業の「なりたい姿」と、実現への4つの手法 【SAPジャパン】 会計・人事労務を一気通貫で効率化 月に数十時間削減できるサービスとは 【freee】 経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新 【SCSK】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 日本企業が取り組む働き方改革。しかし変革のチャンスを前に進むべき方向性を見失っている企業も多い。4つの方向性でデジタル活用すれば企業価値を高める施策が打てる。 企業の根幹を支える会計・人事労務には、業務属人化や作業重複の手間やコストといった課題がつきまとう。解決の方法の1つは、複数回入力が前提の仕組みを変えることだ。 経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064680


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ