筆まめ、クラウドCRM/SFAを提供、宛名印刷や営業用カレンダーも

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


筆まめ、クラウドCRM/SFAを提供、宛名印刷や営業用カレンダーも


掲載日:2015/11/16


News

 株式会社筆まめは、Webブラウザ上で顧客管理(CRM)/営業支援(SFA)アプリケーションを使用できるサービス「筆まめクラウド顧客管理」の提供を開始した。価格は、初期費用無料、月額が1ライセンスあたり1000円(最低契約期間6ヵ月)。

 「筆まめクラウド顧客管理」では、最新の顧客情報/商談案件/対応履歴を共有でき、組織としての効率的な営業活動や、迅速で的確な顧客対応を支援する。

 管理している顧客情報から、封筒やダイレクトメールに貼る宛名ラベルを印刷できる「筆まめクラウドラベル印刷」や、はがきへの宛名印刷に加え、年賀状や季節の挨拶状の文面/デザインを作成して印刷できる「Web筆まめ」、顧客管理と連携してスケジュールとタスクの管理を行なえる営業向けカレンダー「筆まめクラウドカレンダー」といったアプリケーションも同時に提供される。

 顧客情報管理では、顧客情報の登録/一覧/キーワード検索が可能なほか、1顧客の案件情報/対応履歴/アポイントなどを1画面で見ることができる。

 対応履歴管理では、顧客へのアポイントや、過去の対応履歴を登録し、共有できる。「筆まめクラウドカレンダー」と連携しているため、商談や打ち合わせなどのスケジュールの編集や修正を、相互に反映できる。

 営業支援では、商談の開始から受注までの進捗をリアルタイムで把握できる。案件の進捗状況を基にした迅速なPDCAサイクルの運用が可能になり、営業戦略の見直しや改善を支援する。PC(Windows/Mac)に加え、スマートフォン/タブレットで操作できるため、会社に戻らなくても顧客情報の共有や進捗の管理、営業報告を行なえる。

 クラウド型なので、初期費用が不要なほか、導入/運用にシステム担当が不要で、申し込んだ日から使用できるため、企業規模を問わず、迅速に導入/運用できる。また、ユーザの声を反映しながら適時アップデートが実施されるため、契約期間中は常に最新の機能を使用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期費用:無料、月額:1ライセンスあたり1000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 【ロックオン】 CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは 【ロックオン】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】
CRM CRM CRM CRM CRM
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「TotalCPA」とは 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064677


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ