dit、LANアナライザ新版でUSB無線LANアダプタやWindows 10に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、LANアナライザ新版でUSB無線LANアダプタやWindows 10に対応


掲載日:2015/11/12


News

 株式会社ディアイティ(dit)は、米SavviusのLANアナライザの新バージョン「OmniPeek 9.0.4」を発売した。

 「OmniPeek」シリーズは、有線LANに加え、無線LANの様々な規格のキャプチャや音声/ビデオに対応している。リアルタイム解析機能を備え、ネットワークの管理やトラブルシューティングなど様々な用途でスムーズに利用できる。

 今回の新バージョンでは、USB無線LANアダプタを利用してIEEE802.11ac 2ストリームキャプチャを行なえるようになったほか、Windows 10が対応OSに追加された。これにより、無線LANのトラブルシューティングに加え、ローミング時の同時解析など、802.11ac 2ストリーム環境でも解析が可能になり、複雑な無線LANトラブルに迅速/手軽に対処できるようになった。

 パッケージ版とサブスクリプション版が用意されている。


出荷日・発売日 2015年11月11日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 AWS、Slackなどを統合運用、クロスドメイン型ネットワークを自動化するには? 【ロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル ネットワーク、サーバー、仮想化基盤、アプリケーション、ストレージと幅広く対応。階層化されたトポロージマップやトップ10リスト等、問題点や原因箇所を視覚的に表示。 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 AWS、Slackなどを統合運用、クロスドメイン型ネットワークを自動化するには?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064637


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ