PSTC、「帳票OCR」でマイナンバーカード認識オプションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、「帳票OCR」でマイナンバーカード認識オプションを提供


掲載日:2015/11/12


News

 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、「帳票OCR Ver.7 マイナンバーカード認識オプション」の提供を11月13日に開始する。

 「帳票OCR」は、かすれた文字など低品質文字にも強い、高精度OCRエンジンを搭載し、スキャンした帳票画像から、活字/手書き文字/チェックマーク/バーコード/QRコードなどを認識して、編集可能な電子データに変換できる業務用パッケージソフト。

 今回、マイナンバー通知カード/個人番号カードの帳票特性に合わせて開発された「マイナンバーカード認識オプション」が追加されることで、従業員などのマイナンバー情報のデータ化を効率化でき、収集業務の負荷軽減を図れる。なお、個人番号カードの認識は、2016年2月に対応予定。

 同社の高精度な活字認識技術をもとに開発されたマイナンバー対応OCRエンジンを搭載し、通知カードや個人番号カードに記載された個人番号/氏名/住所/生年月日/性別/発行日を認識できる。チェックデジット機能を搭載したことで、確認/修正作業を効率化できる。

 価格は10万円(「帳票OCR Ver.7 クライアント版」別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 10万円(「帳票OCR Ver.7 クライアント版」別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064632


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ