PSN、毎分85枚の読み取りが可能なA4ドキュメントスキャナを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSN、毎分85枚の読み取りが可能なA4ドキュメントスキャナを発売


掲載日:2015/11/12


News

 パナソニック システムネットワークス株式会社(PSN)は、毎分85枚/両面170面(白黒/カラー、A4縦置き、200/300dpi)の高速読み取りが可能な業務用A4ドキュメントスキャナ「KV-S2087」を11月13日に発売する。価格は18万円。

 「KV-S2087」は、最大200枚の原稿を搭載できる大容量給紙トレイにより、大量の紙文書を効率的に電子化できる。また、原稿束の上面から給紙するため、薄紙や滑りやすい原稿など、種類によらず安定して読み取りできるほか、原稿排出時に搬送速度を抑えることで、高速搬送による排紙の乱れを防ぎ、整列した状態で排紙を行なえる。ボックス形状のデザインを採用することで、安定感を保つとともに、大容量の給紙トレイなどに対応しながら、コンパクトなサイズになっている。

 高耐久性の上位機種と同様の搬送路を採用しているほか、消耗品である交換ローラーは、交換目安が35万枚(標準紙の読み取り枚数)と長寿命化されている。また、前面から給紙と排紙をするUターンパス構造により、前面からの動作で作業がすべて行なえるほか、清掃やローラー交換といったメンテナンスも簡単にでき、背面の設置スペースを気にせず様々な場所で使用できる。原稿を曲げずに背面へ排紙するストレートパスへもレバー操作で切り替え可能で、546g/平方メートルの厚紙まで対応し、長尺原稿(最大5461mm長さの画像単位で、分割して読み取り)やカード、冊子(別売のキャリアシート“KV-SS076”が必要。対応厚みは2.0mm以下)といった原稿にも対応している。

 画像処理専用のLSIを搭載し、“原稿領域自動切り出し”“自動傾き補正”“白黒/カラー自動判別”“空白ページスキップ”など使用頻度の高い画像処理を、スキャナのハードウェアで処理するため、PCの性能に依存せず高速で安定した読み取り速度を維持できる。また、USB3.0インターフェースによって高速なデータ転送が可能なほか、オプションで裏面ポストインプリンターに対応しており、原稿に日付や番号を印字できる。


出荷日・発売日 2015年11月13日 発売
価格 18万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064630


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ