ASUS JAPAN、法人向けのPC「ASUSPRO」3製品とタブレットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ASUS JAPAN、法人向けのPC「ASUSPRO」3製品とタブレットを発売


掲載日:2015/11/10


News

 ASUS JAPAN株式会社は、法人向けに特化したノートPC・デスクトップPC「ASUSPRO」シリーズと、軽量・コンパクトな法人限定7インチタブレット「ASUS ZenPad C 7.0 (Z170C)」を11月6日から順次発売する。価格はオープン価格。

 「ASUSPRO」シリーズ第1弾としては、エントリー向け14型ノートPC「ASUSPRO ESSENTIAL P2420LA」、省スペースなデスクトップPC「ASUSPRO BP1AD」2モデル、「ASUSPRO E510」2モデルがラインアップされている。

 「ASUSPRO ESSENTIAL P2420LA」は、ノングレアタイプの14インチの画面を備え、IEEE802.11acに対応し、約8.7時間の駆動が可能なバッテリを搭載している。また、USB3.0×3、USB2.0×1やDVDドライブを搭載し、外部ディスプレイやプロジェクターへの出力が可能なVGA端子やHDMI端子などのインターフェースを備えている。Core i3-5005Uプロセッサを搭載している。OSをWindows 7 Professional、またはWindows 8.1 Proから選択でき、Windows Proのセキュリティ・管理機能や指紋認証センサなどを利用できる。

 「ASUSPRO E510」は、A4用紙よりも小さい奥行き210mm、幅27mmのコンパクトサイズで、付属のVESA規格対応マウントを利用すれば液晶ディスプレイの背面に装着することもできる。また、DisplayPortとDVI-Iの2つの外部出力端子により、2台の液晶ディスプレイへ同時に画面出力でき、IEEE 802.11b/g/nにも対応する。Core i5搭載モデルとCeleron搭載モデルが用意されている。OSをWindows 7 Professional、またはWindows 8.1 Proから選択できる。

 「ASUSPRO BP1AD」は、幅96mm×奥行き403mm×高さ350mmで、PCI Express x16スロット×1 、PCI Express x1スロット×1 、PCIスロット×2 、3.5インチドライブベイ×2の空スロットを備えた拡張性に優れたモデル。Core i5搭載モデルとCeleron搭載モデルが用意されている。OSをWindows 7 Professional、またはWindows 10 Proから選択できる。

 「ASUS ZenPad C 7.0(Z170C)」は、重さ約265g、厚さ約8.4mmと軽量・コンパクトなAndroidタブレット。フィールドワークから倉庫管理用端末まで様々なシーンでの利用が想定されていて、約8時間のバッテリ駆動が可能になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】 「モバイル端末」に関するアンケート調査 【株式会社日立システムズ】
ノートパソコン ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。 ギフト券3000円分が当たる★モバイル端末に関するアンケート

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064584


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ