SBTとemin、感情と行動データのリアルタイム連携サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBTとemin、感情と行動データのリアルタイム連携サービスを提供


掲載日:2015/11/10


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)とEmotion Intelligence株式会社(emin)は、eminが保有する感情知能エンジン「Emotion I/O」を利用して、Webサイト来訪者の行動を0.03秒ごとに蓄積し、機械学習を活用して感情データとして抽出して行動データとリアルタイムに連携させるデジタルマーケティングサービス「Emotion i」の提供を開始した。

 「Emotion I/O」は、0.03秒ごとに利用者の迷いをトラッキングし、利用者の行動から感情を自動判定する。「Emotion i」では、これらの感情データを、タグを埋め込むことで、アクセス解析やA/Bテストツール、CMSなどのデジタルマーケティングツールとの連携を提供する。これらにより、ユーザは、生活者の行動データや趣味・趣向などの属性データと、感情データを組み合わせたマーケティングを行なえ、個別の顧客ごとに最適化を図れる。

 Webサイトを訪問した生活者に関する様々な情報と、顧客の感情データをリアルタイムに組み合わせることで、従来以上にパーソナライズが可能で、確度の高いマーケティング施策を行なえる環境を構築でき、感情データを使用して、効果的なマーケティングなどの価値を提供することで、感情データを利用したデジタルマーケティングを図れる。

 機械学習を活用して、購入確率を予測できるため、予測作業の軽減を図れる。感情データをリアルタイムに利活用することで、サイト内施策・広告施策で、購入確率が高い顧客にのみ施策を行なうことで施策効果の最大化を図れる。

 膨大な感情データから、感情知能を利用することで、リアルタイムに気付きを与えられ、戦略(収益向上・LTV向上など)を立案するための時間を生み出せる。また、分析アルゴリズムの独自性・正確さが担保された技術で、高速処理技術(1秒以下)を利用することで、施策利用への機会損失の低減を図れ、高速PDCAサイクルを構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064579


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ