デル、新フラグシップハイエンドストレージ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、新フラグシップハイエンドストレージ製品を出荷


掲載日:2015/11/06


News

 デル株式会社は、新フラグシップハイエンドストレージ製品「Dell Storage SC9000アレイコントローラ」の出荷を開始した。

 「SC9000」は、大規模なストレージ、ハイエンドのワークロード、分散エンタープライズ環境に適しているほか、デルのPowerEdge第13世代サーバをベースに、優れた拡張性・性能を備えている。アレイごとに3PB以上の物理容量を備えているほか、「Dell Storage SC」シリーズのTLC 3D NANDテクノロジSSD搭載モデルが提供され、選択肢を拡充しながらコスト削減を達成している。また、2017年上期にはアレイ間のシームレスなボリューム移動を行なえる連携マルチアレイ構成をサポートする予定で、より一層の拡張を図れる。

 「SC8000」に比べ、40%以上のIOPSの向上、110%以上のスループットの向上を達成しているほか、新しいアクティブデータ圧縮機能を採用し、オールフラッシュアレイの容量を最大93%節約できる。また、デュアル8コアのインテルプロセッサ、4倍以上のシステムメモリを搭載している。

 組み込みのボリュームフェールオーバー機能を備え、シームレスなディザスタリカバリを行なえるほか、アプリケーションデータの保護が強化されている。また、新しい「Dell Storage Center 6.7」アレイソフトウェアを搭載したことで、エンタープライズ機能が強化され、ミッションクリティカルなアプリケーションのサポート向上を達成している。同ソフトウェアは、ワークロードのダウンタイムを低減し内蔵ディザスタリカバリを行なえる“Live Volume自動フェールオーバー機能”や、Oracleの環境でのホスト側の統合データ保護機能“Application Protection Manager Suite”などの新機能を備えている。

 新しい12GB SASバックエンドとエンタープライズクラスのマルチプロトコルネットワーク接続を行なうことで、フラッシュストレージのメリットを、様々な規模で実践的に活用できるほか、Dell Fluid Cache for SANサーバーキャッシュソリューションと統合でき、アプリケーションの高速化を図れる。

 3年保守(Dell Copilotサポート)の料金を含む最小構成価格は1160万円から(配送料込)。


出荷日・発売日 2015年11月4日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064528


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ