提携:BlackBerry、クロスプラットフォームEMMやスマホを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:BlackBerry、クロスプラットフォームEMMやスマホを提供


掲載日:2015/11/06


News

 BlackBerryは、ダイワボウ情報システム株式会社(DIS)と提携し、BlackBerryが提供するクロスプラットフォームのEMMソリューション「BES12」の提供を2015年末(予定)に開始するほか、法人向けにBlackBerry 10 OS搭載スマートフォンの提供を、DISを通じて開始した。

 「BES12」は、セキュリティや業務効率化、コミュニケーションやコラボレーションサービスまでを含めたBlackBerryの法人向けポートフォリオの基盤で、社員間のコミュニケーションや、会社情報やシステムへの安全なモバイルコネクションの確立を支援する。

 iOSやAndroid、Windows Phone、BlackBerry 10やBlackBerry OSといったOSの異なるデバイスをシームレスにサポートし、シングルコマンドでモバイル化にともなうタスクを簡素化できるほか、制御センタでデバイスやアプリ、アクティビティ、基幹業務データなどの可用性や使用状況を一括管理できる。EMM機能を拡張することで、BYODやCOPE、COBOなど、モバイルデバイスの様々な利用形態に対応でき、信頼性に優れたBlackBerryのグローバルなインフラを活用できる。また、今回の合意を通じて、DISの法人顧客は、EMMやメッセージング、セキュリティ機能を利用できる。

 またDISは、代理店やVAR(付加価値再販業者)ネットワークを通じて、BlackBerry 10 OSを搭載した新モデルのスマートフォンも発売する。物理QWERTYキーボード付きの「BlackBerry Classic」と、様々なモバイルツールを搭載し、ビジネスプロフェッショナル向けに設計された「BlackBerry Passport」が用意されている。

 「BlackBerry Classic」「BlackBerry Passport」には、BlackBerry 10 OSが搭載され、自宅や職場、移動中でも、セキュアな接続を提供し、生産性の向上を図れる。新バージョンのOSには、BlackBerryスマートフォンで使用するメッセージ機能やコンテンツをコンピュータやタブレットでも使用できる“BlackBerry Blend”や、業務用アプリケーションや人気のアプリケーションを揃えたデュアル・アプリ・ストアフロントの“BlackBerry World”“Amazon Appストア”といった機能が導入されている。また、メールやテキストメッセージ、BBMに加え、電話やソーシャルメディアなど、コミュニケーションに関する機能を一括して管理する“BlackBerry Hub”や、優れたスピードと美しい画質を備えたWebブラウザ“BlackBerry Browser”も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

無償キャンペーン提供中 Ambient Office EMS 評価検討サービス 【日本マイクロソフト株式会社、日本ビジネスシステムズ株式会社】 MDMからEMMへ、新たなスマートフォンの業務管理法 AirWatch 【ヴイエムウェア】 使い勝手が良く、唯一無二の価値を提供する VMware AirWatch 【ヴイエムウェア+他】 NECのクラウド型MDM 「スマートデバイス管理サービス」 【NEC】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】
MDM MDM MDM MDM MDM
もう無理! 個別最適では限界なデバイスとIDの管理をどうする? スマートフォンやタブレットを活用する企業が増える中、その管理もより高度な内容が求められている。統合へ向かう管理ツールの未来とは? 企業が注目すべき潮流を探る。 モバイル活用や効率的な管理を進める上で気になるのが先進企業の事例。モバイルへの期待が高まる中でどのようなツールやサービスを使っているのか。エキスパートが答える。 スマートデバイスを業務利用している企業の声を反映したクラウド型MDMサービス。端末ロック、グループ単位でのアプリ配信、インストール制御など企業に必要な機能が充実。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064527


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ