ゾーホージャパン、IT資産管理・クライアント管理製品をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゾーホージャパン、IT資産管理・クライアント管理製品をリリース


掲載日:2015/11/04


News

 ゾーホージャパン株式会社は、クライアント管理ソフトウェア「ManageEngine Desktop Central」正式版をリリースした。

 「Desktop Central」は、Windows/Mac/Linuxに対応したデスクトップ端末の統合管理ソフトウェア。PCやワークステーションなど、サポート対象OSを搭載した様々な端末の一元管理を行なえる。

 パッチ管理機能では、OSやサードパーティアプリケーションのパッチを自動的に適用し、クライアント端末のセキュリティ脅威からの保護を提供する。ソフトウェア管理機能では、複数の端末へ一括でソフトウェアを配布できるほか、ソフトウェアのアンインストールを容易に実行できる。また、USBデバイス制御やIT資産管理、リモートコントロール、サービスパックのインストール、Active Directory 関連レポート、電源管理などの機能を備えている。

 なお価格は、管理対象のクライアント端末の台数による課金体系で、年間1端末あたり1821円から3960円(最小ライセンスは50端末)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「ゾーホージャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064478


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ