Sansan、法人向けクラウド名刺管理サービスのAPIを公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Sansan、法人向けクラウド名刺管理サービスのAPIを公開


掲載日:2015/11/02


News

 Sansan株式会社は、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の「API ver1.0」を公開した。

 「Sansan Open API ver1.0」では、期間指定や条件指定での名刺情報の取得、名刺に紐付いた人物の詳細情報の取得、「Sansan」内で名刺に設定したタグ一覧の取得が可能。

 社内システムに加え、CRMやSFA(営業支援)、業務改善プラットフォームといった各種ビジネス向けITサービスとの連携を図れ、「Sansan」ユーザは、自社システムやパートナーの製品上で、「Sansan」に登録した名刺情報を取得して利用できる。RESTful API(Web API)の形態で提供され、利用料金は無料。

 同APIを利用した連携サービス第1弾として、日本郵政グループが開発した「B2B LoveLetter」の提供が開始された。「Sansan」で取り込んだ名刺情報を使用してオンラインではがきを印刷、発送できるため、宛名書きの手間が不要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「Sansan Open API ver1.0」:無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方 【富士通】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方 デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064453


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ