KDDI研究所、日本語音声合成ソフトのWindows/Linux版SDKを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI研究所、日本語音声合成ソフトのWindows/Linux版SDKを提供


掲載日:2015/10/30


News

 株式会社KDDI研究所は、日本語音声合成ソフトウェア「N2」について、Android版/iOS版に加え、Windows版/Linux版のソフトウェア開発キット、TTS(Text to Speech:音声読み上げ)ライブラリSDKの提供を開始した。

 「N2」は、インターネット接続なしで、デバイス単体で、一声質利用時の実行形式及びデータの圧縮後のサイズが4MB程度と省メモリかつ軽量で動作する音声読み上げソフトウェア。

 今回発売されたTTSライブラリSDKのWindows版/Linux版により、スマートフォンやタブレットに加え、ロボットやIoT(Internet of Things)デバイスでも、容易に“音声読み上げ機能”を搭載できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 【日本アイ・ビー・エム】 銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 【日本アイ・ビー・エム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064447


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ