Force Media、自動階層技術に対応したラックマウントNASなど出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、自動階層技術に対応したラックマウントNASなど出荷


掲載日:2015/10/26


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、QNAPのTurboNASシリーズの新機種で、ラックマウントタイプNAS 4機種と、拡張エンクロージャー2機種の出荷を10月下旬に開始する。

 「TVS-ECx80U-SAS-RP」シリーズは、Qtier(QNAP自動階層)技術に対応したTurboNASシリーズのハイエンドモデルで、信頼性と拡張性に優れたユニファイドストレージソリューションを提供する。Xeon E3 v3クアッドコアプロセッサーを搭載し、8GB DDR3 ECC RAM(最大32GB)、256GBのSSDキャッシュを内蔵しているほか、ネットワークはギガビットイーサネットを4ポートを備え、オプションで10/40/56ギガビットイーサネットにも対応する。

 12Gbps SASディスクに対応する24/16/15/12ベイの4モデルがラインアップされ、RAID拡張エンクロージャーを最大8台接続でき、最大で1.2PBまで容量を拡張できる。また、15ベイモデルは、3.5インチドライブ9ベイと2.5インチドライブ6ベイを2uサイズに納めた省スペースモデル。

 Qtier技術は、QNAPが開発した予測データ分類に基づいて、頻繁にアクセスされるデータは高速ディスクに、アクセスの少ないデータは安価な大容量ディスクに自動的に移動する自動階層ソリューションで、ストレージのアプリケーション性能向上と同時にTCO削減を図れる。

 「REXP-1620U-RP」「REXP-1220U-RP」拡張エンクロージャーは、3ポートの12Gbps SASインターフェースを備え、TurboNASに最大8台のRAID拡張エンクロージャーを接続できる。6Gbps HDD使用時でも、12Gbps SAS対応のTurboNASから高速データスルーパスを引き出せ、ビデオ監視、大量のデータのアーカイブ、テレビ放送ストレージなど、高パフォーマンスの相互接続が求められるデータアプリケーションで使用できる。

 HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」が機種ごとに用意されている。また、導入後の安定的な運用を支援するフォースメディア独自のサポートも、オンサイト保守/先出しセンドバック保守(いずれも1年〜5年)から選択でき、24時間365日サービスにも対応している。


出荷日・発売日 2015年10月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 【日商エレクトロニクス】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064350


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ