日立電線ネットワークス、検疫ネットワーク製品の機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立電線ネットワークス、検疫ネットワーク製品の機能を強化


掲載日:2015/10/22


News

 日立電線ネットワークス株式会社は、検疫アプライアンスの機能を強化した「QuOLA@Adapter Version 5.02」をリリースした。

 「QuOLA@Adapter」は、持ち込みデバイスで動作する非常駐エージェントで、Windows/Mac/Linuxに加え、Android/iOSといったスマートデバイスに対応している。認証スイッチ/認証サーバと連係し端末を検疫でき、様々なセキュリティポリシーに対応できる。

 今回リリースされた「Version 5.02」は、Windows 10に対応し、新しいWindows PCを、検疫を備えたネットワーク環境で利用できる。また、iOS 8.3/8.4に対応し、同OSがインストールされているスマートデバイスを、検疫を備えたネットワーク環境で利用できるほか、Mac OSで、管理者が指定するウイルス対策ソフトの検疫に対応したことで、従来以上にウイルス対策を備えた端末環境を保全できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには? 【クロス・ヘッド】 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は 【クロス・ヘッド】 “正しく怖がる”と見えてくる、攻撃を断念させるセキュリティ対策 【日本マイクロソフト】 セキュリティレポート:各国担当者への調査で分かった「5つの推奨対策」 【シンガポールテレコム・ジャパン】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには? 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は “正しく怖がる”と見えてくる、攻撃を断念させるセキュリティ対策 セキュリティレポート:各国担当者への調査で分かった「5つの推奨対策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064331


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ