ヴァリューズ、行動ログ等を用いたマーケ分析ASPをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴァリューズ、行動ログ等を用いたマーケ分析ASPをリリース


掲載日:2015/10/22


News

 株式会社ヴァリューズは、一般ネット利用者の行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」のターゲット利用者分析機能を強化し、Web上で簡単にレポーティングができるASPサービス「【eMark+】Target Focus」を正式にリリースした。

 「VALUES eMark+」は、自社に加え競合他社や市場も含めた3C(Customer:市場/顧客、Company:自社、Competitor:競合)分析を1つのデータソースから行なえる、インターネット行動ログ分析サービス。行動ログモニタ会員として約20万人の利用者パネルを保有していて、インターネット上の行動データから様々なサイトへのアクセス状況を分析できる。

 今回リリースされた「【eMark+】Target Focus」は、保有するネット上での消費者の行動ログデータを活用し、ターゲット利用者がほかにどのようなサイトをよく見ているかを簡単に分析できるASPサービス。ターゲット利用者のニーズや親和度の高いメディアを発見できる。

 対象年月を指定し、自社サイトのURLを入力すると、自社サイトの訪問者がほかにどんなサイトをよくみているかをランキング形式で表示する。一般モニタとターゲット利用者の流入割合を比較できるので、ターゲットが特徴的に見ているサイトはどこかを把握できる。

 サイトごとにターゲット利用者の流入割合が分かる。広告出稿などで、ターゲットにリーチしやすいメディアの発見につなげられる。

 自社サイトにアクセスする前や、自社サイトから離脱した後、ほかにどのようなサイトをよく閲覧しているかを把握できる。利用者のニーズを理解して、コンテンツや商品の拡充に活かせる。

 性別や年代など、利用者属性を条件に設定し、絞り込みができる。ターゲット利用者の条件は保存でき、例えば、サイトA/Bの両方を利用した利用者をターゲット条件にするなど、ほかの条件と組み合わせることもできる。集計したデータはダウンロードできる。

 キーワードの検索数/関連語/流入サイトが分かる「【eMark+】Keyword Finder」も合わせて利用すれば、ターゲット利用者の条件に、キーワード検索も追加できる。

 サイトへのタグ埋め込みなどは不要で、アカウント発行後、すぐに利用開始できる。

 価格は、1アカウントにつき、初期費用と月額利用料がそれぞれ10万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 1アカウントの初期費用、月額利用料:それぞれ10万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064324


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ