グレープシティ、Web標準技術でARアプリを開発できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、Web標準技術でARアプリを開発できる製品を発売


掲載日:2015/10/22


News

 グレープシティ株式会社は、HTML/JavaScript/CSSなどのWeb標準技術でAR(拡張現実)アプリを開発できる「Wikitude SDK」と、ブラウザ上でARコンテンツを容易に作成できるクラウドサービス「Wikitude Studio」、大規模AR開発用ソリューション「Wikitude Cloud Recognition」と「Wikitude Targets API」を発売した。

 「Wikitude」では、HTML/JavaScript/CSSというWeb標準技術でARアプリを作成できるため、容易に利用でき、従来に比べ多くの開発者がARアプリ開発に取り組める。「Wikitude SDK」は、場所を認識してARコンテンツを重ねる“ロケーションベース型”と、任意の画像を認識してARコンテンツを重ねる“画像認識型”の両方をサポートし、iOSやAndroid、スマートグラスに対応したネイティブアプリを開発できる。また、XamarinやCordova、Titanium、Unityといったメジャーな開発環境のプラグインも無償で提供され、AR開発のハードルを下げ、急激に需要が伸びた際に懸念される開発者不足にも対処できる。

 「Wikitude SDK」に付属している「3D Encoder」を利用することで、3Dモデルに設定されたアニメーションをARアプリで再生できるように最適化できる。アニメーションが複数ある場合も、それぞれを認識して個別のIDで管理されるため、任意のアニメーションを任意のタイミングで再生できる。

 「Wikitude Studio」は、プログラミング不要でARコンテンツを体験したり制作・管理したりできるWebサービスで、ブラウザ上でいくつかの設定を行なうことで容易にARコンテンツを制作できる。制作したコンテンツは、Wikitudeが提供している無償のAR認識アプリ「Wikitude App」で表示できる。

 「Wikitude Cloud Recognition」では、カメラがとらえた映像をRestful Web APIで“Cloud Recognitionサーバー”に送信することで、サービス上にアップロードされたターゲット画像のトラッキングをサーバーに処理させられる。Cloud Recognitionサービスでは、最大10万のターゲット画像を管理でき、ストレージの問題にも対処できる。

 「Wikitude Targets API」は、Webサイトの制作・管理を行なうシステム(CMS)に保管されている画像を使用して、ARアプリを開発したい企業向けに開発されたWeb APIサービス。CMSにある大量の画像を「Wikitude SDK」が認識できるターゲットに変換する処理を自動化できる。


出荷日・発売日 2015年10月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS) 【キヤノンITソリューションズ】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 Ethereumも自在に展開、Azure活用で迅速なブロックチェーン開発 【日本マイクロソフト】 モバイルアプリ開発/運用プラットフォーム 『AppPot』 【NCデザイン&コンサルティング】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Azureでブロックチェーン開発、スマートコントラクト基盤も迅速・低コスト展開 企業向けモバイルアプリ開発を支援するプラットフォーム。アプリごとのサーバーサイドの開発が不要になり、開発工数を30%〜70%削減できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064314


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ