ヴイエムウェア、ネットワーク機能の仮想化プラットフォーム提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、ネットワーク機能の仮想化プラットフォーム提供


掲載日:2015/10/19


News

 ヴイエムウェア株式会社は、通信事業者によるネットワーク機能の仮想化(NFV)の導入を促進する、新しいNFV製品を発表し、VMware vCloud NFVプラットフォーム、新しいVMware Ready for NFV認定プログラムに加え、同社とパートナから提供される新しいキャリア グレード サポート サービスの一般提供を開始する。

 VMware vCloud NFVでは、NFVの普及に求められる、主要な仮想化と管理のためのコンポーネントを組み合わせているため、通信事業者は多機能でマルチベンダに対応した統合NFVプラットフォームを導入でき、クラウド進化の全段階で、様々なアプリケーションをサポートできる。vCloud NFVプラットフォームは、30社の仮想ネットワーク機能(VNF)ベンダが提供する40以上のVNFに対応しているため、IT部門は同社の仮想化環境向けの既存スキルや運用経験をそのまま活用でき、通信事業者はスムーズなクラウドの導入と継続的な管理を図れる。

 VMware vCloud NFVのコンポーネントには、本番環境で実績あるNFVインフラ ソリューションが含まれている。仮想化ソリューションのVMware vSphereは、クラウド上でのモバイル サービスや固定回線サービス向けに、優れたパフォーマンス/拡張性/可用性を提供するほか、VMware Virtual SANは、優れたパフォーマンスを通じてネットワークの機能やサービスに求められるストレージ要件に対応できる。ネットワーク仮想化プラットフォームのVMware NSXは、重要なレイヤ2/レイヤ3のネットワーク機能をソフトウェアで提供できる。また、VMware vCloud Director SP(サービス プロバイダ向けVMware vCloud Director)とVMware Integrated OpenStackを通じて、仮想インフラを管理するための柔軟な選択肢を提供するほか、マルチテナントのネットワーク環境で継続的なサービス保証を提供するために、統合運用ツールを通信事業者に提供する。

 新しいVMware Ready for NFVプログラムでは、パートナの仮想ネットワーク機能が同社のNFVインフラと相互運用できることを保証できる。また、新しいキャリア グレードのサポートには、サービスの応答や復元に関するSLAの強化、問題解決に関するSLA、プロアクティブな環境モニタリング、専属のアカウント管理者、専属の上級サポートエンジニア、技術サポートの強化などが含まれ、パフォーマンスの低下やシステム停止のリスク低減を図れ、運用効率の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064266


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ