日本HP、ノートPCやビデオ会議、シンクライアント、WSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ノートPCやビデオ会議、シンクライアント、WSを発売


掲載日:2015/10/19


News

 株式会社日本HPは、法人向けに、ノートPC/デスクトップPC/ビデオ会議システム/シンクライアント/ワークステーション(WS)の新製品を10月15日から順次発売する。

 ノートPCでは、米軍調達基準MIL STD 810Gをクリアする頑丈さと薄型軽量を両立した筐体に、Windows 10 Proをプリインストールし、Bang & Olufsenがチューニングしたスピーカーを搭載したスペシャルモデル「HP EliteBook Folio 1020 Bang & Olufsen Limited Edition」と、約600g(タブレット部)と軽量な10.1インチの2 in 1タブレットで、キーボードを接続することでノートPCとして、画面を反対に取り付けることでスタンド形状でサイネージ端末として利用できる「HP x2 210 G2」が発売される。また、第6世代CoreプロセッサまたはAMD第6世代AシリーズAPUや、Windows 10への対応などの製品強化を図ったノートPCも発売される。

 デスクトップPCの新製品は、通常消費電力6Wを下回る容積約1リットルのコンパクトなデスクトップPC「HP EliteDesk 800 G2 DM」などのハイエンド機「HP Elite」シリーズと、継続的な導入をサポートするスタンダード機「HP Pro」シリーズの計6製品。第6世代のCoreプロセッサやWindows 10、DDR4メモリ、USB TypeCポートなどを採用したことで、パフォーマンスと利便性の向上を図っている。

 ビデオ会議システム「HP Chromebox for Meeting」は、設定が容易で使いやすく、OSを問わず大半のPC/スマートフォン/タブレットから会議に参加でき、Google Apps for Workを使用して、画面共有/作図/文書編集などをリアルタイムで行なえる上、ほかのビデオ会議システムとの互換性を備えている。

 モバイルシンクライアント「HP mt42 Mobile Thin Client」は、重さ1.54kg、厚さ18.9mmのコンパクトな筐体に、AMDクアッドコア・プロセッサを搭載しているほか、14インチのフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイを備えている。また、仮想環境での運用で高い信頼性と安全性を備えている。

 エントリークラスのWS「HP Z240 Workstation」「Z240SFF Workstation」は、インテルの第6世代プロセッサを搭載し、オプションで「HP Z Turbo ドライブ」を選択でき、ビデオ編集やMCAD/AEC、教育、公共分野、画像を扱うユーザに適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】 「モバイル端末」に関するアンケート調査 【株式会社日立システムズ】
ノートパソコン ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。 ギフト券3000円分が当たる★モバイル端末に関するアンケート

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064249


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ