採用:STS、ネイチャーズウェイの基幹システムをAWS上に移行構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:STS、ネイチャーズウェイの基幹システムをAWS上に移行構築


掲載日:2015/10/16


News

 株式会社システムサポート(STS)は、株式会社ネイチャーズウェイのERPを含む基幹システムをアマゾンウェブサービス(AWS)上に移行/構築したと発表した。

 ネイチャーズウェイは、ナチュラルオーガニックコスメ製品の輸入/製造/販売を行なう企業。同社では、基幹システムのハードウェア保守契約が切れることと、現在利用しているデータセンターの移転及びそれにともなう費用負担の可能性が生じていたという。

 今回、既存環境ではオンプレミスのNASを利用したバックアップのクラウド化や、システム監視の未実装も課題だったため、それらを解決可能でパッケージやミドルウェアなどの導入事例が多いAWSの導入を決定したとしている。ベンダの選択にあたっては、中部エリアに担当者がいることやレスポンスへの早さが決め手となりSTSを選択したと述べている。

 移行の対象となったのは、ERP/基幹業務システム「スーパーカクテル」用アプリサーバとDBサーバ、データ連携ソフト「DataSpider」用サーバ、BI/情報活用ツール「Dr.Sum」用サーバだとしている。

 AWS上への移行/構築によって、既存システムでの課題を解決したほか、システムの管理運用工数の削減にもつながったと述べている。

 なお、作業は9月14日より開始し半月で終了し、本稼働は12月初旬を予定していると伝えている。今後は、サーバーの管理運用工数を削減するため、オンプレミス環境(ファイルサーバ/レガシーシステム)、ホスティング環境(EDIサーバ)のクラウドへの移行も検討する予定だとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

ハイブリッドクラウド時代のマネージドサービスの条件 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 タカラトミー、住友生命など、大手企業6社がIaaSを選んだ理由 【日本電気】 AWS上で可用性を確保するHAクラスタシステム構築法 【サイオステクノロジー】 実は危険な“塩漬けLinux”サーバの安全を守る実践的アプローチ 【サイオステクノロジー株式会社】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
運用管理の見直しに役立つ「マネージドサービス」IDC調査資料 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 良さそうだけど実際の効果はどうなの?【IaaSを導入してみて分かったこと】 AWS上で"オンプレミス並みのアプリ可用性"を確保するHAクラスタシステム構築法 実は危険な“塩漬けLinux”サーバの安全を守る実践的アプローチ

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064242


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ