パナソニック、Core CPU/Windows 10搭載モバイルノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、Core CPU/Windows 10搭載モバイルノートPCを発売


掲載日:2015/10/16


News

 パナソニック株式会社は、全モデルが第6世代Coreプロセッサ/Windows 10を搭載し、軽量/長時間/頑丈/高性能を追求した、モバイルノートPC「Let’s note」の「SZ5」シリーズを11月6日に、「RZ5/MX5/LX5」シリーズを10月23日に発売する。価格はオープン価格。

 「SZ5」シリーズは、12.1インチWUXGA(1920×1200ドット、16:10)ディスプレイ・光学式ドライブ内蔵で重さ約929gを達成し、操作性が向上している。薄肉ながら、天板のたわみを抑制し、堅牢性を確保した“逆ドーム型ボンネット構造”を採用しているほか、光学式ドライブと基板をオーバーラップした“光学式ドライブセンター配置構造”を採用し、フットプリントを最小化することで、軽量化されている。液晶や冷却ファンなどの搭載部品も軽量化設計を採用している。

 省電力設計が採用され、駆動時間は、バッテリパック(S)で約14.5時間、バッテリパック(L)で約21時間を達成していて、バッテリパック(L)を搭載した場合も、本体背面から飛び出ない構造を採用している。打ちやすい2.0mmストローク、横約19mmピッチ(縦16mm)のリーフ型キーボードを採用している。外部ディスプレイコネクタ(アナログRGB)、HDMI出力端子、USB 3.0ポート×3、LANコネクタ、SDメモリカードスロット(UHS-II高速転送対応)などのインターフェースを搭載しているほか、各種設定を1ヵ所で行なえる「パナソニックPC設定ユーティリティ」を搭載している。また、76cm落下試験(動作時・底面方向)、30cm落下試験(非動作時・26方向)、100kgf加圧振動試験を行ない、頑丈設計を採用している。

 「SZ5/MX5/LX5」シリーズは、第6世代Core iプロセッサを搭載しているほか、「RZ5」シリーズは、第6世代Core Mプロセッサを搭載している。

 「LX5」シリーズは、14インチフルHD(1920×1080ドット・16:9)の広視野角液晶を搭載している。今回発売されるCoreプロセッサ搭載モデルは、個人/官公庁/自治体/教育機関/SOHO/個人事業者向けで、第6世代CoreプロセッサvProテクノロジー搭載モデルは2016年春(予定)に発売される。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064226


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ