SEI、申請画面を簡単に作成できるWebワークフローの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、申請画面を簡単に作成できるWebワークフローの新版を発売


掲載日:2015/10/15


News

 住友電工情報システム株式会社(SEI)は、Webワークフローシステム「楽々WorkflowII」の新版「Ver.7.1」を発売した。

 「楽々WorkflowII」は、企業内での申請/承認/決裁のワークフローを電子化し、業務の見える化を可能にするパッケージソフト。

 今回の新版では、行数を追加できる一覧入力形式を含む申請画面を簡単に作成できるようになった。また、一般利用者の操作記録に加え、管理者が行なう設定作業の操作記録を残せるようになり、企業の内部統制強化を図れる。承認/決裁済みの申請を追加で通知/回覧できるようになって、情報共有もしやすくなった。

 旅費精算/見積書/購入依頼など任意の明細行を含む申請画面を簡単な操作で作成できるようになった。今回の新版から別オプションが不要になり、ブラウザ上の画面操作で作成できるようになった。一覧入力形式を画面上に複数配置することもでき、複雑な画面構成にも柔軟に対応可能。申請入力時に利用者は必要に応じて一覧入力の明細行を追加できる。例えば、初期表示で5行の明細が表示されている画面で、明細行を追加して10件、20件の明細を入力できる。

 管理者が操作したフォルダ設定や利用者設定、グループ設定などの操作内容を記録できるようになった。いつ誰がどこでどんな操作をしたか、すべての証跡を残すことで企業の内部統制強化を支援する。

 承認/決裁済みの申請に対して、経路を追加して通知/回覧できるようになった。重要な情報を承認経路に入っていない関係者に周知したり、文書の回覧を受けた上長が部門内に展開したりするなど、社内の情報共有に活用できる。


出荷日・発売日 2015年10月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

大企業・中堅企業向け エンタープライズ ワークフロー MAJOR FLOW Z 【パナソニック ネットソリューションズ】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
申請処理を始め、あらゆる業務プロセス処理の基盤に活用することができるワークフローソフト。経費精算、汎用ワークフロー、開発デベロッパーと多彩なラインナップが特徴。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064211


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ