ALSOK、監視カメラ映像をデータセンターで保管するサービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ALSOK、監視カメラ映像をデータセンターで保管するサービス発売


掲載日:2015/10/15


News

 綜合警備保障株式会社(ALSOK)は、クラウドで監視カメラの録画映像を保管する「ALSOK画像クラウドサービス」を発売した。

 「ALSOK画像クラウドサービス」では、24時間365日セキュリティの監視を行なっている同社のデータセンターで、監視カメラで録画した映像データを安全に保管する。最長1年間保管されるため、災害などによるデータ消失や、レコーダの故障などによる記録停止のリスクを軽減できる。

 撮影している映像の指定したエリアに侵入者などの動体を検知した場合、あらかじめ設定したメールアドレスに静止画像付きのメールを送付して通知できるため、侵入監視システムとしても利用できる。また、PCやスマートフォン/タブレット端末からライブ映像や録画映像を確認でき、遠隔地から拠点の集客状況などを確認できる。

 目的に合わせて監視カメラを選択できる。主要メーカーのネットワークカメラに加え、アナログカメラにも対応しているため、既存のカメラを活用してコストを抑えてシステムを構築することもできる。また、クラウドで録画するため、監視カメラシステムを現地で記録する場合に必要だったレコーダやモニタの設置が不要になり、省スペース化を図れる。

 カメラの設置に関する費用を除き、初期費用不要で開始できる。参考予定価格は、監視カメラ1台/30日映像保管で月額4900円からで、同社オンラインセキュリティとのセット価格も設定されている。


出荷日・発売日 2015年10月15日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064205


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ