ワンビ、既存認証システムを多要素認証化する開発キットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワンビ、既存認証システムを多要素認証化する開発キットを発売


掲載日:2015/10/14


News

 ワンビ株式会社は、ユーザが運用中の認証システムに対して、低コストで多要素認証による認証基盤構築を図れる「OneBe TID開発キット」を発売した。

 「OneBe TID」は、ADFS/Azure AD/OpenAMなど、既存の認証システムと連携して多要素認証を可能とする外部モジュール。既存のスマートフォンを指紋認証デバイスとし、パスワード/登録電話番号/指紋の3要素を使用した認証を行なえる。ユーザの認証システムと連携するAPIと、スマートフォンにインストールする認証用アプリケーション、ワンビがクラウド上で提供するSMSサーバの3つで構成され、それらが連携することで、ユーザ環境に大きな変更を加えずに強固な認証基盤を構築できる。

 今回発売された開発キットを利用することで、社内システムへのログイン認証やカスタマー向けサイトの利用者認証の際に、特別なハードウェアを導入せずに既存のスマートフォンを使って多要素認証を容易に実現できる。

 なお価格は、エンドユーザ向け(社内ユーザ認証向け)がSDK初期費用80万円、開発支援が月額20万円から(初月無料)、SMS通信ライセンス費用が月額1ユーザ500円から(SMS通信費用込)、サーバライセンス(サービスサイト向け)がSDK初期費用120万円など。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064174


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ