デネット、読込んだ用紙に文字配置/印刷できるソフトの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デネット、読込んだ用紙に文字配置/印刷できるソフトの新版発売


掲載日:2015/10/13


News

 株式会社デネットは、見積書/伝票用紙/申請書など様々な用紙を下絵として読込んで文字を配置/印刷できるソフトで、Windows 10に対応し、インターフェース/操作性の改善が図られた「かんたん印刷位置合わせ2」を発売した。価格は2990円。

 「かんたん印刷位置合わせ2」では、PDF形式のファイルを下絵として読込めるようになった。読込んだ用紙に文字を配置できる機能では、テキストを一括作成できるようになり、マウスで指定した範囲内に行数と列数を指定して一度に多数の文字シートを作成できる。また、読込んだ用紙の入力欄をマウスで範囲指定すると、自動で入力欄を認識して文字シートを作成できる。

 CSV形式に加え、Excelデータの差し込みが可能になり、大量の住所宛の送り状や、氏名だけが異なる同じ内容の書類も一度に印刷できる。更に、読込んだ差込データを表示できるほか、データの内容をドラック&ドロップで文字シート内に貼り付けられる。また、複数の文字シートに入力した数値を計算できるようになり、見積書や伝票など、金額と個数の合計を計算できる。

 用紙を斜めに読込んでしまった場合に、回転/移動させて正しい位置に合わせたり、サイズを変更できる。読込んだ用紙のほかに追加したい用紙がある場合は、ページを追加して新たに用紙を読込める。作成した見積書や申請書をコピーして追加することもできる。

 ハンコ作成ツールが付属し、丸/四角からタイプを選択して、全角4文字分、100〜500ドットまでのハンコ画像(BMP形式)を作成できる。文字間の調整や文字の回転、色の選択を行なえるほか、インクの擦れを再現できる。


出荷日・発売日 2015年10月9日 発売
価格 2990円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

帳票電子活用ソリューション SVF PDF Archiver 【ウイングアーク1st】 帳票開発ツール ActiveReports for .NET 【グレープシティ】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 データエントリーソリューション e-Entry Express+ 【日商エレクトロニクス】 帳票公開ソリューション「快速サーチャーGX」 【インテック】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
帳票の安全で効率的な保管・管理する帳票電子活用ソリューション。電子帳票ツールやドキュメント管理ツールでは対応が難しいPDF帳票の管理と検索ニーズに対応。 Visual Studio上で開発できる.NET帳票開発コンポーネント。帳票管理できるサーバー機能も有し、開発から運用までトータルで日本の帳票環境をサポート。 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 申込書や伝票といった帳票の入力業務に必要な機能を取込からエントリー、エクスポートまで備えたWebイメージエントリーツール。企業のデータエントリー業務を効率化する。 社内だけでなく社外へもセキュアな環境で帳票公開を実現。日々の問い合わせ業務や顧客向けの帳票公開業務、契約書管理業務など様々なシーンで利用可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064161


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ