採用:アプラス、カード発行システムにTISのASPサービスを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アプラス、カード発行システムにTISのASPサービスを採用


掲載日:2015/10/09


News

 TIS株式会社は、株式会社アプラスが同社の海外プリペイドカード“GAICA”のカード発行システムに、TISのASPサービス「PrepaidCube+」を採用したと発表した。

 「PrepaidCube+」は、国際ブランドプリペイドカードの発行/運営に求められる各種システムと、入会受付やコールセンターなどの業務オペレーションをサービス(BPO)形式で利用できるため、導入時の初期費用の抑制や事業の早期立ち上げを可能にする。また、月額利用料は、入金額、利用額などの使用量に応じた従量課金方式のため、カード発行事業者のビジネス成長に沿った形での活用ができる。

 アプラスの所属する新生銀行グループでは、リテールバンキング業務で“外貨サービスの新生銀行”として商品やサービスの拡充に力を注いでいるという。今回アプラスは、クレジットカード事業に続く新規カード事業として海外専用プリペイドカード事業に参入することになったとしている。

 同社は、カード発行システムについて様々なサービスを検討した結果、TISが長年にわたり同社の主要業務システムを構築/運用してきたという実績による信頼感に加えて、クレジットカードのほかにもブランドデビットカードでも国内で様々な導入経験を持つなど、カード業界/決済領域での実績とノウハウがある点を評価し、同サービスを採用したと述べている。

 また、同サービスはASP型で提供されているため少ないカスタマイズで利用でき、プロジェクト立ち上げから事業開始までの期間とコストを圧縮できる点や、多通貨対応を可能にする“マルチカレンシー機能”を実装している点も採用の決め手となったと伝えている。

 “GAICA”は、Visaを付した海外専用のプリペイドカードで、円でチャージした金額の範囲内で、“Visa”“PLUS”マークの表示がある海外ATMから現地通貨を引き出せるほか、チャージした金額の範囲内でVisa加盟店でカードショッピングができる。

 また、オプション機能として、顧客が新生銀行の“新生総合口座パワーフレックス”を利用している場合には、円に加えて、米ドル/ユーロ/英ポンド/豪ドルの4通貨の外貨普通預金から、時間を選ばずに外貨をカードに直接チャージし、残ったチャージ残高は新生総合口座パワーフレックスの当該通貨の普通預金口座に戻せる“Flex機能”も備えている。

 なお、同カードは、7月13日からサービスを開始していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

AZCLOUD SaaS EnergySuite 【富士通マーケティング】 ProSCOPE-C 【日立SC】 SEALS融資システム 【SCSK】 通販ソリューション 【日立システムズ】 REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
単価変動も怖くない!石油卸業向けに特化した富士通の販売管理 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
通販バックヤードシステムを中心に、ECサイト、コールセンター、マーケティングツールなど、通販業務機能をオールインワンで提供。単品通販向け機能が豊富。 REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064142


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ