日本ヒューレット・パッカード、データ等の相互連携を保護可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ヒューレット・パッカード、データ等の相互連携を保護可能に


掲載日:2015/10/09


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、重大なリスクの脅威と情報漏洩を速やかに特定し、ユーザ/アプリケーション/データの相互連携を保護するソリューション「HP DNS Malware Analytics(DMA)」「HP Fortify scan analytics」を発表した。

 「HP DMA」は、DNS(Domain Name System)トラフィックを調べて感染ホストを識別するよう設計されている。エンドポイントのエージェントなしで感染ホストを特定し、リスクの高い脅威を迅速に検出することで、データ侵害への影響を軽減でき、セキュリティ態勢全般の強化を図れる。

 マルウェアに感染したサーバー/デスクトップ/モバイルデバイスなどを迅速に特定し、ネットワーク内に足がかりが作られる前に封じ込めることを可能にする。また、新たな未知のマルウェアを検出できる上、誤検出を削減できるため、ITの時間とリソースを節減でき、デバイスのリスクの高さに応じて優先順位を決定し修正できるようになる。

 簡単な設定とクラウドレポートを通じて速やかに展開でき、継続的に脅威を監視できる。「HP ArcSight SIEM(Security Information and Event Management)」プラットフォームとシームレスに統合されているため、企業はSIEMや「HP ArcSight Enterprise Security Management」を展開/活用して、ほかのコンテキストデータとの連携を図り、警告を発し、適切な修正を通知できる。

 「HP Fortify scan analytics」は、企業のアプリケーションセキュリティデータを活用した自動学習のテクノロジーを応用していて、アプリケーションセキュリティの精度と効率を向上させられる。セキュリティスキャンを実施するたびに増え続けるデータを処理し、人手によるレビューを必要とする問題の数を減らすことで、企業はより少ない、より優先度の高いタスクとリソースに集中できるようになる。

 この分析テクノロジーは、ワークフローをテストする既存のアプリケーションのセキュリティにシームレスに統合されるもので、アプリケーションのセキュリティ監査プロセスの効率化と、調査結果の関連性を高めることを支援する。同製品は「HP Fortify on Demand」の一部として提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】 FortiMail 【図研ネットウエイブ】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 SSL特化で暗号処理も安全性も向上 SSL Visibility Appliance 【マクニカネットワークス株式会社】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。 ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 安心と思ったSSL暗号化は攻撃者も使ってくる、既に悪用は過半数

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064140


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ