電机本舗、スマホでPCをロックできるセキュリティソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


電机本舗、スマホでPCをロックできるセキュリティソフトを出荷


掲載日:2015/10/09


News

 有限会社電机本舗は、Wi-Fi機器/スマホの電波や、FeliCa、USBでPCの離席管理を行なうセキュリティソフト「PeopleLogOn」の新版「Ver2.2」の出荷を開始した。

 「PeopleLogOn」は、オフィスのWi-Fi無線LANや、スマホの発するWi-Fi電波の強弱で近接状態を調べ施錠する“iWビーコン(information Wireless/WiFi Beacon)”を装備し、オフィスのPCを情報漏洩から保護し、ワイヤレスなセキュリティを提供する。

 “iWビーコン”は、Wi-Fiテザリング機能を備えたWi-Fi機器やスマートフォンなどが出す電波をビーコン(位置を特定するための信号)として認識する機能で、Wi-Fi電波の強弱を測定し、近接信管として利用して離席管理を行なえる。PCの利用者がPCから離席したことを電波の強さで認識してオートロックをかけられるほか、PCに近づくと自動的にロックを解除でき、“安全性のためにセキュリティを掛けたいが、セキュリティを掛けると使いにくい”という矛盾に対処でき、ストレスフリーのセキュリティを提供する。

 追加設定で、2つの鍵が一致した時に開錠する“ダブルロック機構”を備え、PCの不正持ち出しを防御できる。オフィスのWi-Fiルータを鍵として登録することで、PCをオフィス外に持ち出すとPCを使用不能にできるほか、オフィス内では各個人が持つ第2キーを利用することで、所内での不正使用防止を図れる。Wi-Fi電波を使用した場合、意識不要のセキュリティを提供できる。鍵には、FeliCa/USBも利用できる。

 施錠方法には、Windowsの標準的なログオン画面を利用した離席管理を採用していて、開錠する際にはWi-Fi/FeliCa/USBメモリを利用して自動的にログオンできる。施錠方法はオートロックと手動が提供され、オートロックではWi-Fi/FeliCa/USBメモリが認識から外れると自動的にロックがかかり、ログオン画面になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 指ハイブリッド認証 【NEC】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064127


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ