CureApp、第三者割当増資で総額約1億円の資金調達を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CureApp、第三者割当増資で総額約1億円の資金調達を実施


掲載日:2015/10/08


News

 株式会社キュア・アップ(CureApp)は、Beyond Next Ventures株式会社の運用するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施し、約1億円の資金調達を実施したと発表した。

 CureAppは、プログラム医療機器ベンチャーで、既存の医薬品や医療機器と異なった治療アプローチにより従来は治療しきれなかった疾患を治す可能性を持つ治療ツール“治療アプリ”を開発/運用している。

 今回の資金調達により、ニコチン依存症治療用アプリケーションなどの疾患治療アプリケーション開発及び、慶應義塾大学病院での臨床試験を進め、日本初となる“治療アプリ”事業の実現を目指すとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 【日商エレクトロニクス】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】
ERP アンチウイルス NAS ファイアウォール SFA
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064113



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ