シンクロ・フード、飲食店経営者のSNS利用に関する意識調査実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シンクロ・フード、飲食店経営者のSNS利用に関する意識調査実施


掲載日:2015/10/06


News

 株式会社シンクロ・フードは、同社が運営する“飲食店.COM”の会員である飲食店経営者/運営者及び開業希望者に対し、SNS利用に関する意識調査を実施したと発表した。

 “飲食店.COM”は、飲食店の出店開業/運営支援サイト。今回の調査は、同サイトの会員である飲食店経営者/運営者89名と開業希望者75名の合計164名を対象に、7月31日〜8月6日の期間にインターネット調査を実施したものだという。

 同調査によると、現在利用しているSNS(店でも個人でも可)について質問したところ、飲食店経営者/運営者が最も利用しているSNSはFacebookで約75%の利用率だったとしている。一方で、開業希望者のFacebook利用率は55%程度に留まった。

 また、Twitterについては飲食店経営者/運営者は約34%の利用率となっているところ、開業希望者は17%程度だったとしている。なお、開業希望者に最も利用されているSNSはLINEで、70%近い利用率となっていて、飲食店経営者/運営者のLINE利用率はこれより少し下がって60%弱の利用率となっていると伝えている。

 次に、友人や知人とのSNS上のコミュニケーションについて質問したところ、飲食店経営者/運営者、開業希望者で結果に大きな違いは見られなかったという。メッセージ機能は80%近くが利用しているものの、友人や知人の投稿を見たり、コメントをする行為は40〜50%程度しか行なっていないことが分かったと述べている。

 また、これらのいずれもしないという人も18%程度だったとしている。更に、面識がない人とのインターネット上のコミュニケーションについては、飲食店経営者/運営者、開業希望者の合計で約35%が“やりたくない”と回答していると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】
BI バックアップツール WAF BI 帳票管理システム
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064073



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ