アルチザネットワークス、制御系ネットワーク向けIDSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アルチザネットワークス、制御系ネットワーク向けIDSを発売


掲載日:2015/10/06


News

 株式会社アルチザネットワークスは、産業制御系ネットワークのセキュリティ対策製品の第1弾として、ネットワーク型侵入検知システム(IDS)「etherExtractor IDS-IN」を発売する。

 「etherExtractor IDS-IN」は、セキュリティルールを自由にカスタマイズできるDPI(Deep Packet Inspection)エンジン「Suricata」を搭載したIDS。IPヘッダ/IPLength異常や、Telnet/SSH/ICMP/FTPなど特定プロトコル検出、ポートスキャン検出、MAC/IPアドレス検出(ブラックリスト/ホワイトリスト)など50個以上の標準的なルールを搭載しているほか、ユーザのネットワークに合わせた“独自セキュリティルール”を別途作成することもできる。

 これにより、様々な機器が混在し、制御系が一様ではない産業ネットワークにおける攻撃か異常かといった問題の切り分けを、それぞれの制御系に応じた検知ルールにカスタマイズすることで、より正確に行なえるようになる。またセキュリティ技術では、株式会社FFRIとの協業により、ユーザのアプリケーションに合わせたIDSセキュリティ対策の実施を支援する。

 ネットワーク型なので、ホストの種類・数に依存せず、ホストへの負担を抑えながら制御系システム全体の監視を行なえる。また、センサからの情報監視では、固有の制御プロトコルに合わせたルールにより、各制御システム単位での検知、パケットデータ保存条件を設定できる。

 ワイヤーレート/ショートパケットでも“取りこぼし”を抑えたGbEワイヤーレートパケットキャプチャにより、問題発生時の原因究明を支援する。異常や不正を検知した場合には本体のLCDに“危険”“注意”等のメッセージを表示でき、アプリケーション画面ではヒューマンエラーの削減が図られている。このほか、“危険”“注意”のログをPDFファイルで一括レポート出力する機能も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「アルチザネットワークス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IDS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IDS」関連情報をランダムに表示しています。

「IDS」関連の製品

脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics 【EMCジャパン】
IDS
従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064068


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IDS > IDSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ