UBIC、AIがメール分析などからリスク等を検知するシステムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBIC、AIがメール分析などからリスク等を検知するシステムを提供


掲載日:2015/10/05


News

 株式会社UBICは、業務上のメールや日報などの電子データを解析し、潜在的なチャンスやリスクを人工知能(AI)が知らせるビジネスデータ分析支援システム「Lit i View AI助太刀侍」(AI助太刀侍)の提供を開始する。

 「AI助太刀侍」は、デジタルコミュニケーションの中から、例えば『最近お忙しそうですね』と営業担当者の来訪を緩やかに期待する顧客からのメールなど、まだ顕在化していない“予兆”を人工知能が捉えることで、ビジネスチャンスの獲得と機会損失の防止、リスク回避などを支援する。

 ユーザの経験や暗黙知に基づいて、検知の要/不要に仕分けられた一定数のデータを“教師データ”として「AI助太刀侍」に学習させ、クラウド上の「AI助太刀侍」に、ユーザのメールサーバやファイルサーバからメール/日報など調査対象の電子データをインポートする。それらを解析し、“教師データ”との関連性が高い順に電子データをスコアリングして上位から順に表示できる。

 検知状況の統計レポートや、今後の発生を予測する分析レポートが作成され、一定のスコアを超えた電子データが発生した場合は、管理者に自動的にアラートを出したり、該当のデータの詳細を表示できる。更に、検知した結果から必要/不要を再学習させることで、人工知能の検知精度を向上できる。

 “Central Linkage”機能によって、より深く調査したい対象者について、『誰から誰宛てにメールが送られ、誰にCCされているか』などを相関図で表示できる。これにより、どういう経路で情報が渡っているか、また本来送られるべき人に情報が出ていなかったり、共有すべき情報が共有されていない場合など、事態の把握を支援する。

 “レポート”機能では、解析した電子データを文書単位でスコア化するだけでなく、部署単位や部署内の社員ごとに、検知した数とその推移をまとめて報告できる。管理者は個別のメールや文書を1つひとつ見ることなく、全体の傾向を把握できる。

 問題の発見やリスクの回避といったネガティブ要素を捉えるだけでなく、見込み客の発掘、営業での阻害要因の発見など、部署内で情報を共有することによって、問題の見える化や成果の把握にも活用できる。今後、APIの提供による、外部のシステムとの連携を行なう予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk…… 【マクニカネットワークス】 5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道 【ソフトバンク株式会社】 LozioMAF 【ZEKKO 】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 AIの精度が出ない……機械学習を実活用レベルに引き上げる加速化 【日本マイクロソフト】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk その効率的導入方法とは? 5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道 ビッグデータ/IoTの様々な構造化・半構造化・非構造化データを仮想化により統合。課題解決のための仮説・検証プロセスを効率化、データディスカバリー型データ分析を支援。 抽選で10名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート AIの精度が出ない…… 機械学習を実活用レベルに引き上げる「加速化」

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064062


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ