採用:理経、四国中央市防災有線告知システムの設計構築業務受注

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:理経、四国中央市防災有線告知システムの設計構築業務受注


掲載日:2015/10/02


News

 株式会社理経は、同社が提供している防災情報システム「Jアラート自動連携システム」が愛媛県四国中央市に採用され、同市の“防災有線告知システム”のシステム設計から構築業務を受注し、運用が開始されたと発表した。

 「Jアラート自動連携システム」は、Jアラート情報の抽出機能や、多言語によるメール配信機能、屋外スピーカーの音声放送聞き直し機能、コミュニティFMラジオへの割り込み機能、長距離無線LANを用いた避難所や道の駅などの無線LANステーションでのデジタルサイネージへの情報伝達機能を備えた防災情報システム。

 Jアラートとは、緊急地震速報/津波警報/弾道ミサイル情報など対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、人工衛星を用いて国(内閣官房/気象庁から消防庁を経由)から市町村などに瞬時に伝達するシステムのこと。

 四国中央市は、2012度から2014年度にかけて“四国中央市防災有線告知システム”の構築に努めてきたとしている。同システムでは、市からの防災情報などを従来のスピーカーでの音声放送に加え、メール配信/ケーブルテレビ文字テロップ放送などの文字情報の配信機能も有し、情報伝達手段の多様化を図っているという。

 今回、Jアラート情報の抽出機能を評価して、「Jアラート自動連携システム」を同システムの基盤として採用したと述べている。これにより、愛媛県下すべての市町村を含んだJアラートの気象情報から、同市のみの気象情報を抽出して、ケーブルテレビ(四国中央テレビ)の自主放送番組にテロップとして挿入することが可能になったと述べている。

 また、Jアラート情報を緊急速報メール及びケーブルテレビ放送へ配信できるようにとなったと伝えている。更に、同市は有線インターネット回線が断線した場合、衛星ブロードバンド回線を経由して、災害時でも緊急速報メールの配信が行なえるよう、ネットワークの強靭化を実施したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

SEALS融資システム 【SCSK】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 AZCLOUD SaaS EnergySuite 【富士通マーケティング】 REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】 ProSCOPE-C 【日立SC】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
融資の申込み/契約の登録/融資実行/請求/回収/延滞債権の管理/ 返済条件の変更/決算処理/各種照会など、企業融資の業務全般をサポート。
貸金業社版、生命保険会社版を用意。
受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 単価変動も怖くない!石油卸業向けに特化した富士通の販売管理 REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。
化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064038


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ