NTT Com、専用線の帯域・経路を即時変更できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、専用線の帯域・経路を即時変更できるサービスを提供


掲載日:2015/10/02


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、帯域保証型のイーサネット専用線サービス「Arcstar Universal One イーサネット専用線」で、SDN技術を活用することでユーザ自身が手軽・迅速に帯域変更や経路変更を行なえるサービス「Arcstar Universal One イーサネット専用線 フレキシブルイーサ」の提供を開始し、帯域変更機能の申し込み受付を開始した。また、経路変更機能の申し込み受付を12月25日(予定)に開始する。

 今回提供されるサービスでは、同社のユーザ向けポータルサイト「ビジネスポータル」またはAPIから、ユーザが直接ネットワークの変更を行なえ、帯域変更の場合で約10分、経路変更の場合で約15分で変更できるため、ユーザのスピーディーなビジネス展開を支援できる。

 帯域変更機能では、契約帯域100M〜1Gまでは100M単位、契約帯域1G〜10Gまでは1G単位で自由に帯域の変更を指定できる。利用料金は、増速した帯域に応じた日割合算になるため、コスト面での効率化も図れる。これにより、データセンター間で、バックアップやマイグレーション時だけ増速したい場合や、EC(E-Commerce)サイトで、セールの時期だけ突発的に大容量の通信が発生することが見込まれる場合に活用できる。

 経路変更機能では、ユーザ自身で、最大3ルートで結んでいる全国主要都市の間のルートを選択して変更できる。例えば主回線に障害があった場合、副回線への切り替えをユーザ自身で行なえ、シングル構成の回線を利用しているユーザの場合、障害のあった回線の復旧を待たずに、迅速に通信を回復できる。これらにより、BCP(事業継続計画)を支援できる。

 また、運用の効率化を図れるAPIが提供され、同サービスの機能を、「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ」を通して利用でき、ユーザのICTシステムと自動的に連携できるため、帯域変更・経路変更を効率的に行なえる。

 価格は、初期費用が無料(「Arcstar Universal Oneイーサネット専用線」の工事費別)、月額費用が利用帯域に応じた定額料金と、増速した帯域に応じた日額料金の合算。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 【ジュニパーネットワークス株式会社】 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】 原因はネットワーク? セキュリティ装置が期待通りの効果を上げない理由とは 【イクシアコミュニケーションズ株式会社】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 原因はネットワーク? セキュリティ装置が期待通りの効果を上げない理由とは システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20064028


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ