NIコンサルティング、SFAでOffice 365と連携できる新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサルティング、SFAでOffice 365と連携できる新版を提供


掲載日:2015/09/29


News

 株式会社NIコンサルティングは、SFA(営業支援システム)「Sales Force Assistant」で、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウドサービス「Office 365」と連携できる新バージョンの提供を開始した。

 今回の新バージョンでは、NIコンサルティングのグループウェア「NI Collabo Smart」や、Google カレンダーに続き、「Office 365」(Exchange Online)とのスケジュール連携に対応した。

 営業部門を中心とした顧客対応部門でSFAを導入する際に、全社で利用するグループウェアのスケジュール機能と連携できる。標準機能として対応するため、連携のための費用は不要になっている。

 連携対象は「Office 365」のプランのうち、法人向けに設計された予定表が使用可能なプランと「Exchange Online」の各プラン。チームサイトの中に任意の数を作成できる「SharePoint」のスケジュールは対象外になる。

 パッケージソフトとクラウドサービスが用意されていて、価格はパッケージソフトが5ライセンスで20万円から、クラウドサービスが1ユーザあたり月額3500円〜4700円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 クラウド導入に伴う課題に対して企業はどのように乗り越えたか 【株式会社セールスフォース・ドットコム】 GEOCRM.com 【ナレッジスイート】 見込み客を見つける鑑定眼を営業スタッフが持つために役立つSFA 【株式会社ジャストシステム】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA SFA SFA
日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法 なぜこの会社はSalesforceを導入したのか――2社の担当者が語るクラウド導入 企業情報や訪問記録を地図に紐付けて見込み顧客を育成・管理・活用できるフィールドセールスに最適な顧客管理サービス。 確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063966


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ