ウィズテック、Skylake採用の4K30P映像編集マシンなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウィズテック、Skylake採用の4K30P映像編集マシンなどを発売


掲載日:2015/09/29


News

 株式会社ウィズテックは、Intelの新プラットフォーム“Skylake”を採用したものを含む4K30P映像編集マシンで、SDIとHDMIでの4K30Pリアルタイムキャプチャーとプレビュー出力を行なえるBlackmagic Design Decklink Studio 4Kや、Intensity 4Kを搭載した3機種を発売した。

 今回発売されたのは、6コアCPUのCore i7-5820Kと、Blackmagic Design DeckLink Studio 4Kを搭載したハイクラスモデルの「ZEUS WS/i7/Haswell-E/DeckLink/4K30P」、“Skylake”プラットフォームのCore i7と、HDMIでの4K30Pリアルタイムキャプチャーとプレビュー出力を行なえるBlackmagic Design Intensity 4Kを搭載したスタンダードモデルの「ZEUS WS/i7/Skylake/Intensity/4K30P」、キャプチャーボード非搭載で、“Skylake”のCore i5を搭載したエントリーモデル「ZEUS WS/i5/Skylake/Entry/4K30P」の3機種。

 3機種とも、PCケースやメモリ容量、HDD容量は、自由にカスタマイズできるほか、Adobe Premiere CCやGrass Valley Edius Pro8(ハイクラスモデル/スタンダードモデルはキャプチャーのみ、エントリーモデルはキャプチャー、プレビュー機能なし)での動作が確認されている。

 価格は、ハイクラスモデルが33万9800円、スタンダードモデルが24万9800円、エントリーモデルが18万9800円。


出荷日・発売日 2015年9月26日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20063961


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ